Mwenge Keikoのつれづれ日記

アフリカの人びとや文化の出会いを通して

4月7日 

北大路ターミナルにある、イオン系列のスーパーマーケット・光洋に夫と二人ででかけた。家からバスに乗りれば10分ほどでつく。毎週火曜日は、シニア(65歳以上)に10%の割引がある。だから火曜日は朝10時の開店と同時に大勢がつめかける。毎日が10%…

4月6日 病院に行く

今朝一番の用事は、いつもの病院に薬をもらいに行くことだった。ちょうど中学校の前でバスを待っていると、始業式にでる学生たちが続々とやってきた。ほぼ95%がマスクをつけていた。京都市の小学校や高等学校では8日に始業式を行うそうだ。多くの事業所や…

4 月5日(日)憂鬱をふきとばせ

静かな日曜日。家の前の河原には大勢の家族連れが遊んでいた。少し風もあり、肌寒いが、子供たちが楽しそうに遊んでいた。桜は満開。うちから三軒北にあるセブンイレブンのコンビニに、つい最近郵便ポストができたので、郵便物を投函にいく。京都外国語大学…

4月4日 久しぶりにお散歩

久しぶりに加茂川沿いを散歩した。桜は満開だが、例年とは違い人の出は極端に少ない。いつもの朝の散歩程度の人しかいない。とても天気がよく気持ちがいい。 ここの桜は、日露戦争の勝利を祝い、当時の京都の師範学校(現京都教育大学)の生徒や先生たちが、…

4月3日 世の中”コロナ関連”ニュースばかり

今週は月曜日朝にリハビリ病院に行っただけで、それ以外は一歩も外に出ていなかった。久しぶりに今朝は区役所にでかけた。1月に後期高齢者になって以来、保険料を払っていない通知を受け、延滞料もとりますよと書かれていた。これまでは銀行引き落としにな…

4月1日 新学期、新入社の日に

本来ならば、4月は新しい人生の始まりを祝う日。新たな気持ちで人生設計を立てる大事な日だが、憂鬱な気分だ。一週間すればこの状況から抜け出せるというものであれば、誰もが我慢できるだろうが、現状は先が見えない。世界中から、東京から発信されるニュー…

3月30日 リハビリ終了宣言

30日、午前9時からのリハビリに出かけた。しばらく前から、リハビリはいつでも終了してもいいですよと言われていた。そこで3月末を区切りにいったん終了にしようと思う。決められた時間に出かけていくことは、生活のリズムを作る上でも大事なことだったが、…

3月28日 ホームページを作る

ここしばらく、じっと自宅にこもっている。ようやくアフリカ文学研究会のホームページを更新することができた。ほぼ1年以上も手つかずでいた。ブログのように文章を書き、写真を埋め込むことができたら、苦労はない。そんなホームページをどうすれば作れるの…

3月27日、南アフリカからのたより

南アフリカから別の友人からメールが届いた。昨日は南アフリカ政府はアフリカ人地域に水や食料を届けているといいニュースを聞いたと思っていたが、今日のメールでは多くの地域ではそうではないようだ。アフリカ人地域には外出禁止令がでているので、違反者…

3月26日 東京でコロナ感染者が増える

昨夜東京都知事は東京でコロナ感染者が1日で41名となり、週末の不要不急の外出を控えてほしいと要請した。なぜ昨日なのか。なぜ昨日に増えたのか。オリンピックの1年の延期が決定した直後のことだった。大阪では感染者の数が増えていて、先週の週末には大阪…

3 月23  三連休が 終わる

三連休が3月20日 から始まった。大阪と兵庫のあいだで不要不急の場合に交通機関を使って往来しないようにと大阪府知事から通達がでた。若い人たちにはブーイングだった。コロナ感染を食い止めようとする措置ではあるが。大阪は京都とも隣接しているが、京都…

3月19日 久しぶりに植物園まで

リハビリを受けたあと、久しぶりに植物園まで散歩にでかけた。とてもいいお天気でいつの間にか、タンポポ、ハナニラ、ムスカリ、ホトケノザなどが咲いていた。この数週間は散歩すらしていなかった。 加茂川の土手で、保育園の子どもたちが、何やら楽しそうに…

3月17日 久しぶりのお習字

リハビリを終えてから、お習字のおけいこにでかけた。二週間前のお習字はお休みしたので、ひさしぶりだった。「弁転疑星」を書いた。この文字は「升階納陸 弁転疑星」の後半部。 意味は、宮殿に入る様を語っている。弁は冠のことで、転は転ずるという意味で…

3月15日 ベランダの掃除

15日日曜日。ベランダの掃除をした。いよいよマンションの大修理で、3月24日からベランダの塗り替えがはじまる。それまでにベランダには、冷暖房の室外機以外、何も置かないようにとの指示があった。植木やらバーベキューの道具などを移動した。大きな木の鉢…

3月14日 特措法成立

14日、国会で承認された特措法(新型インフレンザ等対策特別措置法が施行された。午後6時にそれに関して安倍首相は官邸で記者会見をした。いつものごとく、非常に自画自賛するかの言葉だけがおどっていた。コロナウィルスに関して、日本は感染者を多く出し…

3月12日  お薬をもらいに内科医に

いつものお薬をもらいにいく。 風邪の症状が出た場合に、わざわざ医院を訪れることなく、症状を緩和する風邪薬を処方してくれた。先生からそう言われていたが、薬の処方箋をだすのを忘れたからと言って、先生から電話がかかってきた。ありがたいこと。だれも…

新型コロナウィルス蔓延

世界経済が急暴落している。コロナウィルスはあっという間に世界中に蔓延してしまった。昨日はいいお天気だった。京都は20度ほどで暖かい一日だった。ベランダに出て、チェアーの塗り替えをした。サンドペーパーで汚れを落としてから、ニスを塗った。あと数…

3月8日 国際女性デーと日本アカデミー賞受賞

3月8日は国際女性デー。コロナウィルスが蔓延しているので、集会はキャンセルになり、各自が自宅でメッセージをだそうということになった。女性の地位は依然として低い。日本はかけ声はいいが、ジェンダー格差は世界で153カ国中121位(世界経済フォー…

3月6日 リハビリと買い物

6日朝9時半に予約していたリハビリに出かける。随分よくなったように思える。先生の問診でも、随分よくなってきたので、そろそろ終わりにしてもいいかもしれないと言ってくれた。だが、腕をしばらく上げたままにはできない。力が入らない。もう少しかかるだ…

3月2日、ベランダのゴミを捨てる

今日からマンションの大規模修繕がはじまる。ベランダは共有部分なので、基本的にはあまり何も置いてはいけない。今回の修繕で、共有部分の廊下やベランダも含めて壁なども綺麗になる。ベランダに置いていた鉢ものや、植木、床板などの整理をした。近くに市…

2月28日 学校が一斉休校に

27日、安倍首相は、コロナ感染症に関連して、全国の小中高校を全国一斉休校にすると宣言した。1日あけてあちこちで大混乱が起こっている。何の方策もなく、あと先考えずに宣言したので、さまざまな混乱を引き起こした。あるコメンテーターは「戦時状況下に…

26日 じっと家に閉じこもる

ついに、国際オリンピック委員会がコロナウィルスの感染がこのまま続くならば、「オリンピック中止も」と発表した。期限は5月末までに収束しなければならならない。 まだ、テレビでは厚生省や政府の発表によって、一般の病院やウィルス検査機関が動けない状…

2月25日 ようやく連休明け

22日(土曜)、夫の元学生が4人遊びにきてくれた。30年以上も前の学生。広島、東京、泉南、大阪から。まだ大阪外大にスワヒリ語学科ができる前の、アラビア語学科のなかでスワヒリ語を選択科目でとっていた学生たち。それぞれはバリバリ仕事をしていたり、子…

2月19日 クルーズ船への対応はどうだったか?

コロナウィルスの蔓延は、「桜を見る会」の話題から国民の眼をそらす役割をになっている。二週間も船に閉じ込めてから、ようやく「陰性」の人たちは下船でき、日本人は家族のもとに帰ることができた。 政府は十分な処置をしたし、感染した陽性の人は横浜に着…

2月16日 京都マラソン

16日、日曜日。京都マラソンで、朝早くから正午過ぎまで、我が家の前の道路は交通機関の通行止めだった。あいにくの小雨だったが、マラソンは決行された。走っている人たちはそれほど寒くないのか、ランニングに短パンの人も多かった。ビニールの雨具をきて…

2 月12日 長浜盆梅祭に

長浜で開催されている盆梅展を観に行った。ほぼ毎年でかけているが、今年はちょうどいい具合に梅が咲いていた。梅の花は愛らしい。北野神社のように梅園で咲く大木の梅もいいが、長浜では盆栽にしている。会場となる慶雲館は、明治天皇の行幸の際に建てられ…

2月11日 テレビが面白くない

最近、テレビ番組はおもしろくない。NHKは国会中継も安倍政権の圧力によって流さなくなった。少なくとも国会で何が議論されているのかをマスコミは伝える義務があると思うのだが。メディアは安倍政権からの圧力に屈している。さらに、不思議に思っているのは…

2月5日 久しぶりに読書会に

5日、夜6時半から東華菜館で「紫野の会」があった。元京都新聞社に勤務する永澄憲史さんが世話役をされている。今回は小野田風子さんがアフリカ文学の話をされたので、是非にというお誘いだった。この会は、メディアで仕事をする方や、大学で勤務する研究者…

2月4日 友人の病気

4日、近くに住む友人から電話があり、急に入院することになり、これから脳の手術を受けるという。硬膜下出血によるものだそうだ。病院に駆けつけると、手術中だった。3時間に及んだが、一般病棟に帰ってきた。脳からチューブが出ていたり、手に点滴のチュー…

2月3日 友人を見舞う

3日、大学時代からの友人が入院しているので、お見舞いに行った。友人は1月半ばに自宅で脳出血を起こした。救急車で運ばれ、緊急入院したという。早い処置に大事にならなかった。だが一週間あまり、腕や肺など、身体中にチューブがつけられていたという。そ…