Mwenge Keikoのつれづれ日記

アフリカの人びとや文化の出会いを通して

9月22日 あれこれ雑感

 9月21日、午後から大人の小学校の「スケッチ教室」に出かけた。最近では月1回だけなので、出来るだけ参加している。

f:id:mwenge:20190922145927j:plain

先月に描いたのはイタリアのブラーノ島の町。 とてもカラフルな建物が特徴。今月は、オランダのヒンデローペンの町。風景画が中心。水彩画なので色ぬりがなかなか難しい。色の組み合わせで様ざまな色が生まれる。どんな色を作るか、経験値が問われる。先生の塗り方をみて学んでいる。

 スケッチ教室の後、同じ場所にあるプールでしばらく泳いだ。水泳は身体と心を軽くしてくれる。

 9月22日。一日中家にいた。部屋の片付けや、書類の整理などをした。机の上がスッキリしたので、いましなければならないことにようやく取りかかれる。

 先の台風で千葉県の人たちが大きな災害を被った。何日も停電が続き、なかなか復興の見込みが立たない。家の屋根が飛んだり、雨漏りがしたりと、災難続きだが、何よりも電気がないことは、テレビで情報も掴めないし、ご飯を作ることもできない。お風呂にも入れない。大変な生活を強いられている。今回は多数の電柱が倒れたことが、被害を大きくした。兼ねてから、思っていることは、なぜ電線を地中に産めないのかという疑問がある。高額な建設費がかかるという理由は通用しない。アメリカからF35戦闘機を100機も爆買いしている。1兆円以上もかかるが、トランプの言いなりになり、国会にも図らず購入を約束した。アメリカの不要になった戦闘機を購入する前に、自国民の救済が先だろうと思う。

 この間、安倍首相は一度も千葉県に足を踏み入れていない。それどころか、ラグビーのW杯が日本開催だったので、初日をラグビー見学にいっている。秋篠宮さんと紀子さんと一緒に観覧席にいた。スポーツが悪いわけではないが、千葉の災害は東電がらみの問題でもあるので、千葉県の人たちを置き去りにしているとしか思えない。

 来年のオリンピックやパラリンピックを理由に、人びとの関心をラグビーのW杯に向けさせようとしているしか思えない。オリンピック会場が不足しているので、東京の幾つかの大学の体育館を利用しようとしているそうだ。その準備のために、来年の卒業式が体育館で行うことができず、分散して学部毎に行うような所があるそうだ。多くの学生たちを犠牲にしてまでオリンピックを開催しなければならない理由はどこにあるのだろうか。

9月21日、朋あり遠方より来たる

17日、スーダンから一時帰国していた方が同級生と一緒に訪ねてこられた。夫の元学生で30年ぶりの再会とか。ずっと話が止まらず、側で聞いているだけでも楽しいひと時だった。若かった時の思い出と、現在に繋がる様ざまな経験が一つに繋がっていくときに納得できるお話が聞けた。私自身も教師をしていた経験から、教え子たちは大きな貯金のようなもので、嬉しい限り。さらに大きく成長していくことを楽しみにしている。

18日、長年の友人と我が家でランチをした。夫はこれまた40年ぶりの再会だという。そんなことはないと思うが、とにかくそうだという。ケニアの作家グギ・ワ・ジオンゴさんを京都に招いて、講演会を主催したときに、通訳の役を引き受けてくれたことが、縁の始まりだった。

 私自身はつい数ヶ月前にお会いしているし、年に何度か会う機会がある。彼女がバーモント大学で教鞭を取っていた頃に、一度お邪魔して数日居候をさせていただいた。日本に帰国後もある大学で教鞭を取られていて、時々「アフリカの文化」の講義に招いてくれていた。この日も、思い出話に花を咲かせた。人はおしゃべりがこんなにも楽しいのだと再認識した日だった。

19日〜20日。妹と妹の娘(姪)が訪ねてきた。姪は東京で仕事をして今大阪に休暇で帰ってきている。妹の夫が6年半前になくなり、京都の大谷祖廟に納骨しているので、時々お参りにくる。私と夫は19日の朝に、夫の両親のお墓にお参りに行った。尼崎にあるので、京都駅から尼崎まで新快速に乗れば簡単に行ける。年に4回、春と秋のお彼岸、夏のお盆、新年を迎える前の年末に行くことにしている。私たちが亡くなった後のことはあまり考えていないが、お墓や仏壇というのは、日本の古い家制度の習慣なのだろうが、なんとなく粗末にはできない。そんな風に育てられてきたのだろうが。。。。

 この4日間はあっという間に過ぎ、とても充実した日だったように思う。ようやく静かな時間が戻ってきた。21日の朝は病院に薬をもらいに行く。血圧だけはいつも正常で申し分ない。血糖値も安定しているが、それでも注意しなければならない。病院の帰り道、加茂川沿い歩いていると、カワセミに出会った。ちょっと変わった鳥がホバリングしていると思って、じっと見つめていると、飛び立っていった。黄色や水色の色の羽をバタバタさせていた。後になってカワセミとわかった。写真をとればよかったとは後の祭り。雨が上がり、空気が澄んでいた。川の中洲に菊芋の花が咲いていた。菊芋は戦後の食糧難のときに食べたと言われていたが、最近では糖尿病にとてもいい食べ物になっていて、八百屋さんでも売られるようになった。

f:id:mwenge:20190921101606j:plain f:id:mwenge:20190921102044j:plain f:id:mwenge:20190921101633j:plain f:id:mwenge:20190921101746j:plain

9月15日 散歩と知恩寺の手づくり市

 9月14日、下鴨の家の玄関先の小さな庭の手入れに出かけた。玄関の入り口に大きな紅葉の木があり、秋には綺麗いに色づくが、毎日、毎日枯葉が落ちる。丸坊主になるまで落ちるので、掃除が大変。その横にモッコク、カクレミノ、ドウダンツツジ、寒椿などが植わっている。別の場所には松、山茶花沈丁花、柊南天、銀木犀、南天などがある。しばらく住んでいないので、夏を越して茂っていて、鬱陶しくなっていたので、植木の手入れをした。家の横や裏にも南天やさつきなどが鬱蒼としていた。いつもなら、毎年植木屋さんにお願いをして手入れをするのだが、この家を処分する予定で、放置していた。あまりにもひどいので、手入れをした。最近、バラの手入れの講座を受けていると、かなり思い切って枝を振り払うので、その調子でやってみた。写真は取っていないが、かなりさっぱりした。日頃、花壇の世話をしたり、植木の手入れをしている効果があったかと自画自賛。松の木だけはプロでないと無理なようだが。

 9月15日。手で洗濯をすることにも慣れてきた。つけ洗いと、押し洗いを繰り返し、要領よく洗濯できるようになった。洗濯機を使うよりも時短かもしれない。洗濯物を干し、植木に水やりをしながら、雑草を抜く。毎日、毎日雑草を取っているが、次から次出てくる。今の時期の雑草は強い。

 久しぶりに朝の散歩にでる。加茂川沿いを歩き、植物園の中をぶらぶら散歩。ヌスビトハギが咲き始めていた。ムラサキシキブも実をつけていた。バラ園は秋咲きのバラのためにかなりの枝が剪定されていた。植物園会館では植物画展があった。どれも素晴らしい作品だった。4つ実をつけていたレモンの木が売られていた。うちには10年ほどなるレモンの木があるが、花はつくが、一度も実がなったことがない。おそらく私が成長点を切ってしまっていたのかもしれない。どのように成長していくのか、この小さな植木鉢のレモンを観察しようと思って購入した。

f:id:mwenge:20190915094651j:plain f:id:mwenge:20190915094407j:plain f:id:mwenge:20190915095033j:plain

 

f:id:mwenge:20190915110755j:plain  植物園を出て、百万遍知恩寺で毎月15日に開催される手づくり市に行った。ここは人気の手づくり市で大勢の人が関西一円から集まってくる。年々お店が増えているようにも思う。秋晴れのいいお天気だったので、賑わっていた。マルティナさんも毛糸で編みながら、お客さんと話をされていた。今回はまだ編み終わらない毛糸がたくさんあるので、パス。いろんな人たちが、いろんなアイディアを出して、手作りで物を作って売っている。いいなあと思う。私も作りたい気持ちが湧いてきた。

 

9月13日 リハビリ通い

 今朝、9時30分にリハビリの予約をしていた。川原を歩いて西賀茂車庫まで行き、そこからバスで2駅のところに整形外科医院がある。帰りも同じ道を通った。

f:id:mwenge:20190913101251j:plain

西賀茂車庫の雑草が生い茂ったところに、一本のバラが凛として咲いていた。夏草の雑草の近くを歩くたびに、 雑草の中に潜む害虫や花粉が気になる。特に公共の場では、植栽のこまめな手入れを願いたい。私は毎日植木や花に水やりをする時には、雑草を引き抜いている。かなり早い時期なら、根から簡単に抜ける。

 

f:id:mwenge:20190913112622j:plainf:id:mwenge:20190913112907j:plainf:id:mwenge:20190913102250j:plain

  加茂川沿いの土手に大文字草が咲いていた。少し距離があったので、うまく写真に収まっていないが、野生の大文字草だ。シロサギがいた。小雨が降っていたので、ハトはどこかで潜んでいるのか、見あたらない。空気も綺麗に洗い流されている。

 ニュースはようやく千葉県の台風被害について報じている。もう4日も経つのに、電気も水も無い生活を強いられている。給水や食料の運搬情報もそれほど行き渡っていないという。台風の毎に各地の被害が報じられても、いつも地元の被害を受けた人たちは置き去りにされてきた。

 そしてオリンピックに関しては、今日も暑さ対策のために人工雪を振らせるという実験をやっている。そうしたことができるなら、千葉県で被害を受けた人たちの救援活動は国をあげてできるはずだ。東電がらみで、早急な回復ができないとすれば、大きな問題ではないか。

9月10日 洗濯機 防水パンの故障

 先日、業者が水道パイプのお掃除にきてくれた。台所、風呂場、洗面所、洗濯置き場の4箇所だった。私はその日には出かけていたので、夫が立ち会った。洗濯置き場の防水パンが壊れているので、そこは掃除ができないと言って帰ったという。防水パンの取り替えをしなければならない。

 洗濯機が大きすぎて少し不安定であったことと、防水パンがプラスティックでなんとなく耐久力が無いように思っていた。案の定数ヶ月前に壊れた。そこに板を入れてなんとか洗濯機を動かしていたが、防水パンの取り替えができないと、そこから水漏れがして下に住んでいる方のところに漏れていくといわれた。

 洗濯機はとても高価なものだったのと、まだまだ使えるものなので、娘のところに譲ることにした。家族の多い娘のところでは、洗濯物は多いし、雨の日には乾燥機がついているので、便利だというので、引き取ってくれた。

 最近では、毎日洗濯をしても下着とタオル類と靴下くらいのものしかなく、お天気がいいので、外に干している。これまで忙しく仕事をしていた頃は、洗濯物を乾燥までさせていたし、来客の時にはシーツやタオル類は全自動で処理していた。乾燥機も風アイロン式だったので、以前のものより性能がよくなり、シーツなどアイロンをかける手間などいらなかった。

 最近では毎朝、ベランダに出て、お日様を浴びながら、洗濯物を干すのは楽しくなっていた。そのあと、ゆっくりとお花や木に水やりをして、一日の始まりに感謝できるようになっていた。

f:id:mwenge:20190911123838j:plain  今朝は洗濯機が無いので、洗面台に水をため、洗濯物を入れ、洗濯液を入れて、しばらくつけ置きをしてから、軽くもみ洗いをした。昔の人たちはこうして洗濯をしていたし、どこの家にも洗濯板や大きなタライがあった。洗濯機と電気釜と冷蔵庫の出現は何よりも家事を大きく軽減した。今ではなくてはならないものになった。ありがたみを感じたひと時だった。

 

 整形外科に毎日のようにリハビリに通っている。その効果も出てきて、一瞬腕を高く上げることができるようになったが、まだまだ、腕をあげておく力はそれほど無い。他の筋肉を鍛えなければならないそうだ。気長にリハビリをするしかない。

9月 リハビリと携帯とミニバラ

 9月4日、5日と、朝一番に、整形外科で右腕のリハビリを受けた。少しづつだが、腕が上がるようになったように気がするが、焦らずにゆっくりいこうと思う。

5日の午後からは新しくしたIPhone XRの携帯電話のカバーを買いに出かけた。買いたいカバーがなかったので、取り寄せてもらうことになった。

f:id:mwenge:20190907161109j:plain

やってきたケースはムーミンのミイ。なんとも言えない可愛さがある。身体は小さいが、とても勇敢で独立心旺盛なところがいい。

 ついでに新しい携帯入れの袋も作った。

f:id:mwenge:20190907161830j:plain

久留米絣の切れ端でパッチワーク風にしてみた。赤の布がアクセントになっていい。たすき掛けができるようになっているので、いつでも身につけていられる。携帯がもはや分身のような役割を果たすのだろうか。

 

 

 

 玄関の前の扉にミニバラが綺麗に咲いている。毎日、病気をしていないか、虫に食べられていないか、水やりのときにチェックしているので、今のところ大丈夫そうだ。新しい枝ができ、どんどん上にのびていく。そして花も咲かせている。暑さを吹っ飛ばしてくれるので、感謝。

f:id:mwenge:20190909114529j:plain f:id:mwenge:20190909114517j:plain

 

9月3日、バラの手入れ

 9月2日、整形外科で前週土曜日に受けたと同じリハビリを朝の10時50分から受ける。理学療法士は、腕が上がるように肩の周りの筋肉をほぐしながら、治療をしてくれる。痛みが少々あるが、それでも気持ちがいい。多少の希望が見えてきた。どれだけの時間がかかるかわからないが、整体で多額のお金を費やしているよりは、ずっと健康保険がきき、医学的な治療を受けているので、自分の身体ときちっと向き合おうと思った。

f:id:mwenge:20190906201417j:plain

9月3日。午前中はお習字のお稽古に出かけた。「宮殿盤欝」(きゅうでん はんうつ)。長安でも洛陽でも、宮殿は入り組んでいて、まるで森の中のように鬱蒼としているという意味らしい。知らない漢字が出てくるが、意味はなんとなくわかる。

漢字は面白い。

 

 

f:id:mwenge:20190907085838j:plain 午後からは大人の小学校に行った。「バラのお手入れ」教室。ボランティアで集まってきた5人と、バラのことを知り尽くした先生。先生のお知り合いの方が育てておられるバラの枝から、挿し木にしてバラを育ててみることになった。バラの挿し木の準備として、枝の切り方、挿し木にする前に薬品を入れた液体にしばらくつけておくこと、枝を4号鉢にさす時の注意、鉢の中に入れる土の作り方(薫炭を混ぜる)、挿し木が植木鉢の中で動かないように紐でくくる方法などを教わった。知らないことばかりだった。バラの挿し木で新しいバラの植木ができるまで、毎日の水やりと観察が楽しみだ。品種はレディ・ビューティ、白秋、モナコ、リーベスツアーバ。バラの品種が多いのには驚き。今まで名前など気にかけたことなどなかったが、これからは名前もしっかりと覚えよう。

f:id:mwenge:20190907085845j:plain

左の写真はなんの工夫もなく、ただバラの枝を切って土に突き刺しているだけだが、うまく葉っぱが出てきた。つるバラは元気だが、今年はなかなか花がつかなかった。小さなピンク色の花が咲く。

f:id:mwenge:20190907115300j:plain

 右側の赤いミニバラは、次つぎとよく咲くので、ずっと楽しませてくれるが、病気と虫には注意が必要なので、よくよく観察しないといけない。

 バラのお手入れが終わると、しばらくプールで泳いで帰る。平泳ぎでもクロールでも腕がしっかりと動いていた。水の抵抗にあいながら、腕をあげても痛みがないのが嬉しかった。充実した1日だった。