Mwenge Keikoのつれづれ日記

アフリカの人びとや文化の出会いを通して

冷暖房機の設置 アフリカ文学会のパネルに 「報道1930」女性国会議員と討論

 朝9時半ごろに、冷暖房機の取り付けに2人の職人さんが来てくれた。外側と内側で連携をとりながら、手際よく取り付けてくれた。それでも1時間はかかった。普通の100ボルトの冷暖機ではなく、200ボルトのものだったので、それの切り替え機の設置と、室外機との連結、などなどで余分に7040円も支払った。昨日の支払い時にはそのことは知らされていたので、当然に出費。音も静かだし、すぐに部屋が温まるので、買い換えて正解だった。部屋中が本やら机まわりのものが雑多に積んであったので、それらを片付ける。ついでに本の断捨離も同時にやったので、なかなか先に進まない。読みたい本がいっぱい出てくる。

 昨夜にケニア人の友人からラインがきた。アフリカ文学会の発表のお誘いだが、すでに私は学会には参加しないことを伝えたばかりだった。彼女は私にオンラインで参加できるという。テーマは、南アフリカのベッシー・ヘッドとシンディウェ・マゴナ、ケニアのミシェレ・ムゴ、レベッカ・ジャウなどを扱うという。どの作家もよく知っているので、パネルにオンラインで出ることを受け入れた。これらの作家が日本ではどう受け入れられているかを報告することにした。このパネルが受け入れられれば、すぐにオンライン料金250ドルを支払わなければならないという。コロナがなければ、テネシー州で開催される会場に飛んでいくのだが。

 31日(火)午後から「バラのお手入れ」にでかけた。12月、1月はバラの剪定時期で、枝もしなやかで自由に曲がってくれるので、4月ごろから咲き始めるバラを思い浮かべながら、誘引して柵にくくりつけていく。枝は下向けにならないように注意しながら、あれこれ意見を述べ合う。この休眠期をすぎると枝は硬くなって、思うように曲がらなくなるので、今の時期の誘引は大事だとのこと。1時間ほどの作業のあと、習字の教室に行った。

 「嶽宗恆岱 禪主云亭」((ガクソウコウタイ ゼンシュウンテイ) の後半部を書いた。意味は、「封禅の祭は云云山と亭亭山で行われる」。禅という字は、バランスがなかなかとれない。筆の先が割れてきれいに書けないので、いつも使っている筆ではなくて、以前によく使っていた筆にかえてみた。墨をしっかりと含むので、書きやすいが、墨の滲みがでてしまった。右上がりのくせがでてしまう。先生の指導になかなか添えない。

 今日も1日空気が冷たかった。朝には雪が降りつづいていた。今日の「報道1930」は、自民党松川るい立憲民主党辻元清美、国民民主党舟山康江の3人の女性議員が登壇。とても面白かった。政党の垣根を超えて、女性目線で議論があった。田原総一朗氏のいう「女性がトップになれば国が変わる」という言葉に誰も反対はないが、日本の選挙制度に問題があり、特に衆議員選挙には世襲制小選挙区制などで、必然的に男性が出馬する構造になっていると。特に自民党選挙対策委員長は男性で、選挙区で推薦する議員は男性となるという。そう簡単に変わらないと。次に紹介されたのは、アメリカの研究者が、「幸福度の高い国は国会議員の40%以上が女性」という調査を発表。1位はフィンランド、2位はデンマーク、3位はアイスランド。日本は54位でその比率は10%。少子化対策失敗の原因は「頭の固い男性議員」ではないかという問題が提起された。そして安倍晋三元首相の考え方は、「子供は家庭で」という観点から、社会や国家が「子供を育てる」という考えを認めなかった。議論はそこまでだったが、岸田首相が「異次元の少子化対策」をもちだしたが、その中身は時代の動きから少しずれているところがあると指摘。女性議員は超党派でさまざまな法案を作ってきたという。番組はそこまでだったが、久しぶりにすっきりした内容だった。だが、現実には頭の固い自民党議員の多くは統一教会に洗脳され、時代遅れの政策しかだせない。

 民主党政権のときに、「所得制限のない「子ども手当」」法案の採決を強行したときに、自民党丸川珠代が「愚か者めが」「このくだらん選択をしたばか者どもを絶対忘れんなよ」とやじを飛ばしたことが、今日の国会でとりあげられた。民主党政権時に採決されたものが、自民党政権で反故になり、いま国会で同じ法案を取り上げている。それに対して、岸田首相は予算委員会で「節度があるものであったかどうかは振り返らなければならない」と反省し、丸川珠代自身も「私を含め、党が反省すべきは反省すべきだ」とシャーシャーと述べている。民主党政権を潰すためには何でもやってきた。

鶴見俊輔の問いに 冷暖房機の故障

28日(土)本の整理が止まらない。一冊づつ手にして、購入したときの思いや何が書いてあったのかを思い出そうとするが、忘れてしまっていることが多い。一度も読まないでいたものも多くある。雑誌はかなり以前に処分したが、何冊かは残っていた。『現代思想』10月臨時増刊号(2015 vol.43-15)は、「総特集ー鶴見俊輔」。2015年7月に亡くなられた直後の追悼号だった。海老坂武が巻頭エッセイを寄稿していた。戦没兵士たちが残した手紙や手記の中に書かれていた「自分は國のために死ねるか」という問いかけから始まる。海老坂は「心に葛藤を覚えながらも多くの若者は「殉国」「報国」の観念を植え付けられて死んでいった」と書く。鶴見俊輔の日記に「人を殺すよりは自殺しようという用意をするだけで終わってしまった」と書かれていたことを紹介。鶴見は問いに対して「否」の決断を選び、その用意をしていたという。「國」のためには死ねないという答えだ。

 現在に同じ問いをしたとすれば、若者たちは、鶴見とは違う形であれ、「否」を表明したり、戦争に反対するだろうか。前の戦争の時と同じく「国」のために戦うのだろうか。いまの政権が防衛費を増やそうとしているのは、誰のためなのか、どこの「国」のためなのか、非常に曖昧だ。そういう中で、若者も年配者も自己と正面から向き合って答えがだせるのだろうか。鶴見俊輔や海老坂武のように、真摯に社会と向き合う「知識人」がいなくなったと思った。時代が変わったのだろうか。

 時には本の整理もいい。忘れていた本も、読んでいなかった本も新鮮な気持ちで向き合える。そんな楽しい時間があった。冷暖房機が壊れた。「プッシュー」と音をたてて、暖かい空気がでてこなくなった。もう20年も使っているので、いいかと思う。冷暖房機なので、年中使っている。6月に寝室の冷暖房機が壊れ、運良く翌日に設置してくれた。29日(日)朝一番でヨドバシカメラに買いにでかけた。10畳ほどの部屋の冷暖房機なので、大きいのはいらないが、6月に購入したものから、ずっと価格が高騰していた。半導体が少なくなっていること、燃料費の高騰などなどを理由に家電製品の高騰には驚く。食料品の値上がりは、10円、100円単位の値上がりだが、家電製品はそうではない。本当に身に染みて、物価の高騰に直面した。家のなかでは貼るカイロを身につけ、ダウンのジャケットを着て、冷暖房機の口が見えるように机を移動しなければならない。明日には新しい冷暖房機の設置にきてくれる。ラッキーなことだったが。

大雪の京都 森元首相の失言 本の整理とヴェロニク・タジョさん フランス語読書会

 26日(木)雪がやみ、太陽も出ていたが、雪はなかなか解けない。全国で水道管が破裂したり、交通事故が多発したことが報道された。雪が人びとの生活にこれほど大きな影響を与えたことを私には想像できなし、雪に備えるすべも知らない。仕事や学校に行かなければならない人たちには、交通網の障害は一番の打撃だった。私は一日じゅう家に篭っていた。27日(金)雪解けすることなく、また雪が降り始め、積もった雪の上に雪が重なっている。窓から外をみている限り、雪景色は綺麗が、暖房しても部屋の中が暖まらない。身体にカイロを貼りつけ、防寒服を着込んでいる。入ってくるニュースは新聞やテレビやネットからだけ。正しい判断と真実を見極める力が試される。

 森元首相がまた変なことを発言している。ウクライナでいま起こっていることに対する日本政府の対応が間違っていると批判した。「こんなにウクライナに力を入れてしまって良いのか。ロシアが負けることは、まず考えられない」と。森氏はいつもいい加減なことを発言し、物議を醸している。時代遅れで、無責任すぎる。彼を諫める人は誰もいないのだろうか。

 ずっと本の整理をしている。これまで大掛かりで3回ほど断捨離をした。最後に残しているのは、限られたテーマのもので時間ができたら読もうと思っていたものばかりだ。コロナ禍で「おうち時間」が増えて、読書する時間がいっぱいあるのに、この三年間は「積読」だった。本気で読みたい本がいっぱいでてきた。コートジボワールのヴェロニク・タジョさんからフランス語で書いた絵本Le Seigner de la Danse(ダンスの神さま)が出てきた。すっかり忘れていた。1991年にアフリカ文学会でグアドループにタジョさんに初めて出会った。次は1994年3月にガーナのアクラで開催されたアフリカ文学会だった。その時にサイン入りの絵本をいただいた。30年近くたって、その絵本が読めた。理解できた。このためにフランス語を勉強してきてよかったと思った。タジョさんは、3月に日本にやってくる。京都で彼女の講演会がある。最後に出会ったのは、4年前にワシントンDCで開催されたアフリカ文学会だった。私が南アフリカヨハネスブルグに滞在していた時には、彼女の家にお邪魔したこともある。当時ヨハネスブルグの大学でフランス語文学を教えていた。日本で会えるのが楽しみ。本の整理をしてよかった。

 午前中は「なぜ空は青いのか」のオンライン読書会があった。参加者は7名。今日は担当部分があった。大体一人1ページ位の割り当てがある。学生になった気分。わからなかったことが、ちょっとした他の人のコメントで理解できることがある。「「シスターズ」のところに1、2年どうして行かなかったのだろうか。」という文章があった。その少し前に宗教学校という言葉がでてくる。フランス語では "chez les sœurs" 。sœursを姉妹と思い込んだ。sœursをsistersと考えれば、シスターズが運営する教会学校だとすぐにわかったのに。思い込みって怖いと思った。

全国的に大雪で大混乱 シェリル・ロバートのこと、

 24日(火)お誕生日だった。Facebook友人がメッセージを送ってくれた。ありがたいことだ。一日中、心は晴れやかだったが、午後5時頃から吹雪となり、夜中積雪がつづいた。ベランダの植木は全部雪帽子をかぶっていた。霜枯れしないようにと願いながら、雪を払ったが、どうなるのだろうか。心配。交通機関に大混乱が起こったようだ。5時過ぎに、高槻あたりから、大津まで帰るのに、途中で何度も停止したまま、さらに気分が悪くなった乗客を救急搬送するのに停止。湖西線の運休。山科で京阪京津線に乗り換え、浜大津まで。京阪石山坂本線の運休。再開。普通には30〜40分で帰宅できるのに、4時間近くもかかったという。京都駅も山科駅浜大津駅も人で溢れかえっていたという。こんな時のための対策は一切なかった。雪国では交通機関の雪対策はできている。京都でも滋賀でも、「暖かい冬」に甘んじて、スノータイヤを履いていない自動車が立ち往生して、どちらにも動きが取れず、余計に混雑を複雑化したようだ。

 

 25日(水)朝起きてみると、目の前の山や河原に雪が積もっていた。ベランダの植木鉢は大雪をかぶっていた。真っ白な綺麗な雪だが、交通機関をズタズタにしたことが報道されていた。新名神高速道路名神高速道路での立ち往生の状況は異常。事前にわかっていても、何の対策も無意味だったのだろうか。

 Facebookを見ていたら、友人の投稿でCheryl Roberts(60)が昨年10月に亡くなっていることを知った。すごくショックだった。彼女は1992年のスペインのバロセロナで開催されたオリンピック大会で、卓球の選手として、南アフリカ代表として出場していた。南アフリカは人種隔離政策(アパルトヘイト政策)をとっていたために、オリンピック参加が認められなかった。1991年にアパルトヘイト政策撤廃を宣言したことで、オリンピック参加が認められた。そのことで、シェリル・ロバートはバロセロナ・オリンピック大会で女子卓球選手として参加できた。シェリルは第三代国際卓球連盟会長荻村伊智朗のことを英語で書き、日本語に翻訳されている。おそらく、シェリルが南アフリカ代表として、国際競技に出場できるには、日本も含めてさまざまな機関から財政的支援を受けていたのだろう。シェリルは、そうした資金で女子スポーツ選手の育成につとめ、「非白人」の恵まれないスポーツ選手を応援してきた。自ら、スポーツ記事を書き、ニュースレターも発行していた。全身全霊をこめて、スポーツの育成に力を入れていた。私は1994年にケープタウン郊外にあるウェスタン・ケープ大学で研修していた時に出会い、長年の付き合いをしてきた。ときどき帰宅途中で、彼女の家に立ち寄り、おしゃべりをしたり、散歩をした。いつも忙しくしていて、できたてのニュースレターをよく見せてくれた。手作りだが、若い女子スポーツ選手を激励し、さまざまな方面から援助していた。ある時に電話をかけてきて、ニューランドのスポーツ競技場に来るようにと言った。出かけていくと、地元の女子スポーツ選手の練習試合だった。10年ほど前のことなので、何のスポーツだったか忘れてしまったが、写真がどこかにあるので、みればわかるだろうが、サッカーだったような気がしている。。。彼女はみんなから尊敬され、慕われているのが一眼見てわかった。後になってわかったことだが、私の親しい友人たちとも、親しい関係にあり、同じサークルの中で生きていた。彼女とはFacebookでは繋がっていたので、なんとなくいつも会っている感覚だった。私がFaebookにあげるものには、いつも「いいね」を押してくれていた。そして彼女のFacebookは今も存在するので、みてみると、なくなる数日前まではずっと書いていた。ときどき一人で朝早くシグナルヒルを散歩する姿があった。もう会えないかと思うととても寂しくなった。

日本の国家予算は? 「異次元の少子化対策に挑戦」は? クチナシの実

 23日(月)「報道1930」で国家の財政に関する議論があった。ゲストは、自民党議員の鈴木馨祐立憲民主党逢坂誠二明治大学大学院教授の田中秀明。それぞれ立場が違うが、概ね同じ意見だった。この議論では誰もが現在の政府の予算の決め方、明細を開示しないやり方を良しと思っていない。財政は明確化して、国家予算の執行を国民が納得できるものでなければならない。当たり前のことができていないのが今の日本。

「独立財政推進機関」が日本にだけない。G7諸国(ドイツ、イギリス、フランス、イタリア、カナダ、アメリカ、日本)のうちで、日本だけに政府から独立した財政健全化責任を問う機関がないという。財政の透明性がない。とりわけ3年前にコロナ禍の中、予備費が膨大に増え、国債が一般財政と変わらない金額、つまり赤字が膨大に膨らんだ。当然のように毎年国債が増え続けているという。ドイツでは基本法憲法)により、予算にからむ政策を決める際に財務大臣に停止権があるという。財源のない政策に対して財務大臣に停止する権限が与えられている。ドイツでは2022年7月に保険省が薬局の消費税減税を提案したが、財務大臣が停止権を行使して、保険省の案が通らなかったということが紹介された。日本は債務残高は259%増大しているという。G7の中で、イタリアがトップだが、それでも151%。ドイツは70%、イギリスが95%、アメリカは128%、日本は飛び抜けている。借金大国で、いくらでも赤字を出していく。国としてはもう破綻している。

 岸田首相の言ってきた「異次元の少子化対策に挑戦する」は、今日の国会演説では、「従来とは異なる次元の少子化対策を実現したい」と言葉を変えた。「異次元」というう言葉が意味不明だと指摘を受けたのだろうか。内容がまったくわからないので、「従来と異なる次元」と言い換えても同じだ。財源の出所も明示しないで、国民を騙す手口のようにも思える。社会保険料の範囲内での割り振りを変えるだけに過ぎないと指摘する評論家もいる。社会保険の最大の財源は、医療保険と年金保険が大きな割合を占めるが、最近には、高齢者の医療保険料の負担を増やし、毎年高齢者の年金額を減額している。高齢者から財源をひねり出し、子供たちへそれを回すというだけで、誰もが安心して暮らせる社会政策になっていない。一方防衛費は財源もないのに、膨大な予算をつけようとしている。しかも、岸田首相は国会開催前に、何も決まっていないのに、G7の国に対して防衛費を含めた防衛体制の約束をしてきた。どう予算化するのだろうか。この政策で選挙したわけでもなく、国民の要求で防衛費の増額があったわけではない。岸田首相の暴挙はどう裁かれるのだろうか。岸田首相の支持率下落対策として、「異次元の少子化政策」を出してきたとすると、大きな誤算になるのではないか。「少子化政策」と「防衛費予算」とが「アメとムチ」でなければいいが。

 コロナ感染拡大がとまらない。そんな時になぜ2類から5類に変更をするといいだすのだろうか。その科学的根拠を示してほしい。実際には、コロナに感染しても、医療機関で適切な医療を受けれるわけではない。感染症に対する公的機関の責務はすでに放棄されているし、病床を増やすこともしない、保健所への届出も不要になっていたり、濃厚接触者も放置している。こうした状況のなかでの第8波の感染拡大と死亡者数過去最多の更新がつづく。

 24日(月)今朝からのニュースは、全国的に大雪が降り、各地で被害が相次いでいるという。京都は穏やかな日で朝の散歩に今宮神社ー大徳寺ー北大路のコースででる。最近の散歩コースだが、今日の発見はクチナシの実を初めてみた。とても綺麗で、この実は、染料として、布染めはもちろん、栗きんとんや沢庵などの色染めに使われているという。この地域は京都の機織業にも貢献した場所だったので、クチナシの花は貴重だったのだろうかと思った。だがこんな大きなクチナシの木をみたのは初めてだった。

             

フランス語の授業 静かな時間を過ごす 通常国会が開始

20日(金)、午前中はオンラインで、フランス語小説の読書会。少しづつ読み進んでいる。総勢8人。これまで10年近く読んできたグループに昨年の9月から入れていただいてなんとか、読み続けている。厳しく文法をチェックする人や、発音を気にかける人もいて、お互いに学ぶことが多い。午後からは京都外国語大学の生涯教育講座のフランス語の最後の授業にでた。後期はこれで終わり。聞き取りと暗唱を中心に行われた。少しはフランス語に慣れてきたかもしれないが、聞き取りは難しい。文字を見れば、なんとなく英語から推測できる単語も多いので意味は理解できるようになったが、逆の聞き取りから文字化するのは難しい。同じことばかり書いているが、それだけ進歩していないということか?老化現象なのか?少なくとも、外国語の学習は刺激だけあり、新しい言葉との出会いがあるが、すぐに忘れてしまう。若い頃はどんどん新しい言葉が頭の中に入ってきて、蓄積されていたのに。シャンソンにあこがれて聞いていた頃は楽しかったのに。

 どうこの2日間を過ごしたかはまったく思い出せない。毎日同じようなリズムで暮らしていて、変化があまりないので、予定がない日のカレンダーは真っ白、頭の中も真っ白。大変なことだ!携帯電話でとった写真だけが記憶を辿る手がかりとなる。21日(土)の朝は寒かった。案の定、粉砂糖をふったように山が白くなっていた。これを書いているといろいろと思い出した。午前中は賀茂川沿いを散歩して西賀茂橋まで行き、スーパMGまで出かけた。強力粉と薄力粉を購入。少し値上がりをしているのを感じたが。お昼からは本の整理をしていた。ニンジンと明太子のソテー、白菜とツナと鰹節の和物を作る。冬野菜はおいしい。

22日(日)午前中はオンライン会議。どこかに出かける必要もないので、どこか事務的になる。こんなコミュニケーションの取り方でいいとは思わないが。久しぶりにキーボードで練習曲を弾いてみる。結構指が覚えていて、気分が軽やかになる。本の整理は続けているが、一冊一冊を手にとり、少し中を覗いてみる。いろんなことが思いだされる。読み直したい本もでてきた。

 万両とボケ(木瓜)と沈丁花。冬の実や花は嬉しい。蝋梅もいつの間にか咲いていた。

     


 23日(月)ようやく通常国会が始まった。NHK国会中継を流している。岸田首相、林外務大臣、鈴木財務大臣、後藤経済財政政策担当大臣の所信演説がつづく。一方的な政策、予算案が読み上げられ、言葉だけが踊っていて、何も心に響かない。退屈な演説で、目をつぶったり、眠っている議員もいる。これからどう議論されるのだろうか。

いつまで続く「ウクライナ攻撃」 お粗末な発言をする麻生太郎氏

 少し野菜などの買い物をしたが、昨日も、今日もじっと家にいた。筋トレジム・カーブスから電話があった。なかなか出かける気にならなかった。

 「報道1930」はウクライナの問題をとりあげていた。対ロシアとの関係で、アメリカから提供された戦車「ハイマース」の威力のすごさが語られていた。同時にウクライナ市民たちが、携帯電話のアプリや、ドローンや、衛星などを利用して、ロシア軍の動きをいち早くキャッチして、ウクライナ軍に情報を提供しているという。ウクライナで、そのアプリを持っている人が4万人もいるという。住民からの敵軍の動きに関する情報が収集されている。ピンポインとで敵軍の居場所を割り出せるというもの。情報化社会だからこそ、こうしたことが一瞬にしてキャッチできるという。先日、福岡で殺害された女性は、携帯電話で居場所をずっと監視されていたという。なんだか怖い。

 ウクライナ側はアメリカやドイツ等からの戦車の提供を必要としている。ドイツの「レオパルト2」は、ヨーロッパ各国で2000両以上あるという。ノルウェー、スエー、デンマークオーストリアポーランド、ドイツ、スペイン、ギリシャ、トルコなどに同じ戦車がある。ドイツの戦車提供によって、ロシアとNATOの衝突となりかねないことを懸念するが、ドイツは戦車を提供するようだ。ますますロシア対ウクライナ+西欧米との戦争へと拡大していきつつある。冬の東欧は極寒だと思うと、辛くなる。

 麻生太郎氏は暴言を吐き、無知を曝け出す。だが、自民党内では誰も諫める人はいない。原発事故で死者はでていないので、原発の可動や新設は問題がないと言った。事実をもっと勉強すべき。少子化には、晩婚が原因だとも言った。事実とは違う。もっと、現状をしっかり理解して、その対策を考えるのが政治家の役割ではないか。若い人が子供を産むことを躊躇する原因をしっかり分析して、その対策を考えてほしい。国会議員の資格はない。即辞職すべし。岸田首相は、人気挽回のために「異次元の少子化対策」という。「異次元」とか、「新しい」とか、言葉だけが踊っていて、中身がない。言葉はマジックではない。

 窓から外を見ていたら、キセキレイが電線にとまっていた。賀茂川が近いのでいろんな鳥が飛んでくるが、あまりにも長閑だった。可憐な侘助椿がどんどん咲き始めた。寒さをものともしないお花たちはすごい。