Mwenge Keikoのつれづれ日記

アフリカの人びとや文化の出会いを通して

気分転換に断捨離 「精神不安定」 今野奈津子著『ミルクココアの家』

26日(月)時間が過ぎるのは早い。数日前から断捨離を進めている。寝室に置いてあった長年使っていた机を処分して、座り机だけにした。座り机を窓側に移動したので気分がいい。机の中の引き出しを整理した。ここには貴重品がしまっていたので、慎重にチェックをした。病院関係のもの、銀行関係のものを入れていたので、整理して別のところに移動。文具類は現在使っている机の周辺に合流させ、5センチほどの鉛筆や、もう書けなくなったボールペンは処分。文具類は楽しいものがたくさんある。メモ帳や付箋、絵葉書などもまとめた。小学校の時に使っていた定規類やハンコもでてきた。なんでこんなものまでとってあるのかと思うが。。。消しゴムも14個もでてきた。鉛筆もボールペンも数えたくないほど。絵の道具、習字の道具を置く場所を作ったので、いつでお絵かきができるように準備はできた。不要なものがなんでこんなに多いのかと大いに反省。「いつか使えるかも」は、絶対にない。この何10年と使わなかったのだから。

             

 午後からは筋トレジム・カーブスに出かけた。すごく「シンドイ」と思った。「何か、どうにかなりそうだ」と。明らかに精神的に異常なほど不安感に襲われていた。家に帰ると、友人が小説を発行して、寄贈してくださった。長年の友人で、同人誌によく作品を発表していたので、これまでからも作品を読んでいた。送られてきた本を、読み始めると、どの作品の世界に引き止められて、とまらない。「精神不安」はどっかに飛んでいった。だが、夕食時にまた「精神不安」に襲われた。食べるのをやめ、病院の先生に処方された「精神安定剤」を初めてのんだ。少し安定して、再び友人の本を読み続けた。だんだん精神が落ち着いたのか、お腹も好き始めた。寝る前であったが、豆乳とチーズとハムを乗せた薄いオープンサンドを食べた。「病は気から」か?

 友人の本は、『ミルクココアの家』(今野奈津子著 編集工房ノア)。短編集だが、母と娘と父との微妙な関係が面白い。いくつかの作品には、母の強さ、生活力、精神力の強さが描かれている。そこに女の歴史を感じる。娘が自立していくプロセスも面白い。著者を知っているからこそ、さまざまな場面や言葉が思い出されて、いっそう実感をいだく。私より2歳上だが、いまも書き続けるエネルギーとどんどん広がっていく創作世界に脱帽。この友人がいたからこそ、私もがんばれたと今は思う。

テレビから聞こえてくる、国会の討論からは何も心が動かない。むしろ憤りだけが残る。それも「精神不安」にさせる要因かもしれないと思った。

世界卓球団体戦で銀メダル 朝の散歩 お雛様

24日(土)世界卓球団体戦で、日本は決勝戦で中国と対戦。第一戦を張本美和は落としたが、相手は世界1位の孫 穎莎。第二戦は迫力があり、目が離せなかった。世界3位の陳夢、4年間一度も日本に負けたことがなかった陳夢に、世界5位の早田ひなが挑んだ。日本が勝利。第3戦は平野美宇(世界18位)と世界2位の王芸迪と対戦し、第一ゲームは平野が勝ち。第二ゲームも迫力があった。第三ゲームも平野がとり、日本はストレート勝ち。第四ゲームは、早田は孫穎莎に負けた。最終ゲームは15歳の張本に託された。日本は破れたが、最後まで緊張感があった。よく闘った。試合が終わったのは、夜の11時40分だった。日本は中国に負けたが、銀メダルをとった。

 午前中は散歩にでた。河原をくだり、北大路まで歩いた。歩数は5100歩。一斉に水仙が咲き出した。久しぶりにセンダンの実をみた。春が近づいている。

お雛様を出した。50年も前に作った木目込みのお雛様と、今年も出会えたことを喜びたい。いつも思うことだが、このお雛様には特別な思いがある。若い頃、新しい土地で暮らし始めて、誰も知り合いがいない土地で、「木目込み人形教室」に出会った。そこで出会った人たちから、さまざまなことを教わった。このお雛様を見るたびに、初心に帰るような気持ちにさせてくれる。

健康不安は? 60年前のこと? 「報道1930」「政治とカネ」の問題

22日(木)朝一番にいつもの病院に出かけた。ときどき、健康不安に襲われることがある。特にどこかが悪いわけではないが、周りに心配事がありすぎ、それらに精神的に追い込まれるような状況に心が塞がれているのかもしれない。歳をとると肉体と精神のバランスがうまくいかなくこともあるのかもしれないと言われた。1ヶ月前に健康診断をうけた。その結果を先生からいただいた。どこにも問題がないとのこと。念のために精神安定剤をいただいた。

 少し前にもと「黒人研究の会」(現在、「黒人研究学会」)から、エッセイの原稿依頼を受けたので書いてみた。60年前のことが、あれもこれも記憶が蘇ってきた。昨日アボカドを食べたかどうか記憶になかったのに。研究会のことは、今はここには書かないが、他にいろいろ思い出したことを書いておく。

 学生時代のことを次々と鮮明に思い出した。毎日が新しい経験をし、衝撃を受けるようなできごとがあったからかもしれない。私は単純に「アメリカ」に憧れて、英語を学んでいた。ケネディ大統領が暗殺され、日本初の衛星放送で暗殺の現場が大学の食堂にあったテレビに映し出された。すごくショックだった。暗殺=assassination という言葉を初めて学んだ。当時最新のアメリカ空母コンステレーション号が神戸港に入港すると、「英会話」の授業でアメリカ人教員が私たち学生をそこに連れて行き、「水兵さん」と直接会話をするように指導した。何の疑問も持たなかった。電波が悪いなか、Voice of Americaのラジオを聴いていた。今のようにYou TubeやTik Tokなどなどがなく、音から学ぶ機会が限られていたからだ。日本が戦後から復興し、アメリカの軍事戦略のなかに日本がとっぷり浸かる時代にいた。すこし先輩は「安保反対闘争」に関わっていた。フランス式デモという言葉もあった。私たちが大学に入学した時は、女子学生が半数を占めるようになった。「女子学生亡国論」がでた。文系の大学に進学する女子学生が増えたので、世の中が騒がしくなった。女子学生が増えると日本国は滅びると考えたのだ。いまなら、とんでもない発言として糾弾されるだろう。当時の若者たちは、社会に敏感に反応し、行動をしていた。

 「報道1930」では、「政治とカネ」の問題を取り上げていた。自民党は、多額の政党交付金と企業団体からの献金を受けて、選挙では必ず勝てる。日本最大の選挙区北海道の場合を取り上げ、野党新人は選挙のスタートラインから、不利な状況にあることを紹介していた。イギリスでは、機会均等にという立場から、政治資金は、野党にだけ給付されていることが紹介された。野党が与党の政策に対抗できるようにするためで、議会とその周辺での活動資金、政策立案のための資金などで、選挙のためには使用できない。経費も選挙のためにも使ってはいけないことになっていると説明。日本の場合、自民党は、ほぼ選挙活動のために政党交付金が使われていることが指摘された。今日のゲストは務台俊介自民党・元環境副大臣内閣府副大臣)、大串博志立憲民主党選挙対策委員長)、高安健将(早稲田大学教授)。自民党の務台氏は、野党には政権を任せられないから、国民は自民党にがんばれとエールを送っている、そういう資金だと言い切った。なんという傲慢な態度かと思った。高安氏は政党助成金議席の一番大きい自民党に配られ、選挙活動に使われていることが問題だと指摘。司会の松原宏二氏は、自民党政党助成金の繰越金を返還せず、積立金としていると指摘。問題は、選挙でフェアな競争ができる環境をどう作るかという。今の制度は与党に有利で、新規参入を阻むものになっていること、同時に政治の世襲の問題も併せて考える必要があると指摘。

 自民党の「裏金」は、すべて政治活動のために使われていたと言い訳するのではないだろうか。政治倫理審査会にようやく5人(塩谷、松野、西村、高木、武田)が審査を申し出た。だが非公開か公開かはまだわからない。5人は非公開を望んでいるというが。

霧が発生 「報道1930」は自民党議員の「裏金」問題 ワールド・ニュース

20日(火)朝から霧が発生して、あたり一面がボヤーとしていた。京都市内は濃霧注意報が発令されたという。英語でいう、haze, mist, fogの違いを友人に尋ねたことがある。地面から湧き上がってくるとか、空中を漂っているとか説明を受けたが、ただしいかどうかはわからない。今朝のははっきりと霧だった。あたりが真っ白くなり、家も山も見えなくなっていた。地面から湧き上がっている感じがした。濃霧だったのだ。

 お昼からは、冷蔵庫の中を掃除した。毎日、どこかを掃除していないと何となく落ち着かない。特別にきれい好きとかではないが、少しづつ手の届く範囲でやっておくと、大掃除をする必要がないと思うようになった。もっと若い時からやっておけばよかったが。残っている野菜やキノコ類を使ってお惣菜を作った。りんごケーキも作った。お花たちも春を待っている。

「報道1930」では、国会議員の「裏金」が使途不明金として処理されることの是非について議論。ゲストは、田村憲久自民党政調会長代行)、若狭勝(弁護士・元東京地検特捜部副部長)、田崎史郎(政治ジャーナリスト)。岸田首相は「裏金」を受け取った議員は、「適切に申告、納税」するように発言しているが、他人ごとのように聞こえる。番組では、もし「裏金」を納税するとなれば、その税額試算が出されたりしたが、「納税」の問題ではない。国民が知りたいのは、「使途不明」ではなく、何に「裏金」が使われたのかである。国税庁が動かないのは何故かという疑問だけが残った。

 最近では、NHK放映のワールド・ニュースをみることにしている。アメリカとイギリスとフランスのニュースを。どこも、ロシアのナワリヌイ氏の暗殺について報じていた。ナワリヌイ氏の死後に発表したあと、防犯カメラが刑務所から一台の車が出てきたところを捉えていた。母親がナワリヌイ氏の遺体引き渡しを要求しているが、二週間後でなければ引き渡せないといわれたこと、毒殺の痕跡が消えるのに二週間かかるからだと報じていた。どこに運ばれたかは不明。彼の妻は、「夫の意志を引継ぎ闘いつづける」と語っていた。海外の報道の出所は同じだと思った。日本は何も報じない。林官房長官は、「確定的な情報は有しておらず、コメントは差し控える」としか言わない。

ガザの人たち ロシアでは不審死 ジャケットを再利用

19日(月)朝からブログを書き始めていたが、途中でコンピュータが勝手に再起動がかかってしまっていた。理由はわからない。ロシアのウクライナ攻撃やイスラエルのガザに対する攻撃について考えていた。ブラジルのルラ・ダシルバ大統領はイスラエルのガザ攻撃は、ナチス・ドイツホロコーストになぞらえて批判した。「ジェノサイド(集団殺戮)」と形容し、「軍隊と、女性と子供の間の戦争だ」と言った。ガザの人たちは南部のラファに追いやられ、そこがイスラエルの攻撃の的になっているという。そうした状況を知ったルラ大統領の感想は当を得ている。イスラエルのネタニヤフ大統領は、ガザをイスラエルのものにするまで、戦争を終えるつもりはないようだ。

 ロシアでは、反体制派の活動家アレクセイ・ナワリヌイ氏(47)が獄死した。前日には弁護士が接見し、元気な様子がカメラに残っている。翌日に獄死。そして昨日、ロシアでナワリヌイ氏追悼集会に参加した人たちが401人も拘束された。「突然死症候群」と伝えられたが、誰も信じていない。ミュンヘンで開催されているG7外相会議の議長声明が出された。「直ちに死の真相を明らかにするように」と。ウクライナの市民の住居が破壊されている写真を見るたびに、胸が痛む。プーチン大統領もネタニヤフ大統領と同じ。 

 大昔に購入した二着のジャケットが捨てられず、今年は着てみようと考えたが、重たくて実用的ではないのがわかった。micmacの服で、カラフルな色が大好きだった。いまもなおその美しさは変わらないが、日本での出店は最近みかけない。ゴミ袋に入れて捨てるには忍びない。裏にはバスタオルをつけてみた。私にとっては思い出がいっぱい詰まっているので、もう少しは楽しんでいたい。ブランケットか、膝掛けか、マットにもできる。何かに使おう。

デジタル社会への攻撃 岸田政権支持率14% 京都マラソン

 18日(日)昨夜、コンピュータで作業をしていたときに、突然「あなたのコンピュータはハッキングされました」と警告音がなった。強制終了を押しても、でてくる。こうなるとあせるが、偽サイトだとわかっているので、長押しで強制終了させた。ウェブサイトで調べてみると、偽サイトだと出てくるが、それを止めるためにどうすればいいかを提案する有料サイトがある。いずれにしても、コンピュータに悪さをしかけて、お金を稼ぐ人がいるのに、呆れる。コンピュータ・リテラシーが必要だが、それらを学ぶ機会がない。多くは信じてしまい、カード支払いをしてしまう。私はAmazonでは買い物をするので、カード番号は入れざるをえないが、Amazonの偽サイトからカード番号に関するメールがくる。銀行や郵便局を名乗る偽サイトからもくる。私は一切関わらないようにしているが、鬱陶しい。海外からも、知らない人からも携帯にかかってくる。騙されてしまう人もいると思うとさらに腹立たしい。偽情報もいくらでも発信できる。デジタル社会の落とし穴だ。どこからでも情報が入る社会にどう対応すればいいのだろうか。

 毎日新聞の調査によると、岸田政権支持率が14%、不支持率82%になったという。国会での対応をみていても、支持できるような回答は得られない。旧統一教会との関係もあいまいなままだ。岸田首相の言葉に重みがない。誰もが信用しなくなった。

 朝9時から午後3時まで、京都マラソンがあった。いつものマラソンとは違うコースで、嵐山、嵯峨野、仁和寺金閣寺、西賀茂、上賀茂、植物園、鴨川沿い、下鴨神社銀閣寺、平安神宮などをまわる。我が家の前の道を通るので、その間バスも車もストップ。いつもなら、下の道路で応援していたが、今回はときどきベランダに出て、声援した。最後のグループは、出発時から3時間もたっており、誰もが歩いていた。午後3時までにゴールインすればいいので、自由スタイルで多くが参加していた。参加者エントリー数は26,795名(海外1,405名含む)で、定員は16,000人。他にペアー駅伝400人が京都の町を走り抜けた。以前には山中伸弥さん、朝原宣治さんらが参加されていた。ようやく以前の普通の生活が戻ってきた実感があった。

 ベランダに出たついでに、バラ、クリスマスローズ、クレマティス、ブルーベリー 、レモン等に、それぞれ違う固形肥料を植木鉢に入れた。まだ2月なのに、今年はいつもより春が早くやってくる感じ。蝋梅は背が伸びて、かなり高いところで花が咲いているので、上から3分の2あたりで枝を切り取った。来年は形よく花が咲きますように。

「断捨離」 南海トラフ地震に備えて 備蓄用水を

16日(金)「断捨離」番組を見るたびに、我が家も見習おうと思う。今日は洗面台周りのプチ「断捨離」をした。この4年ほど、コロナ禍の中、お化粧をしなくなった。顔は朝晩に洗うことがあっても、化粧水すらつけなくなった。オンラインで会議に参加したり、読書会などで顔出しをするときには、簡単な化粧をすることはあっても、ほぼ素顔のまま生活をすることに慣れてしまった。洗面台にある引き出しに何が入っているのかすら忘れていた。鏡台は引越しの時に処分し、コロナ禍の中、化粧品も整理して処分した。今日、洗面台の引き出しを開けてみた。飛行機やホテルや旅館などでもらってきた化粧品類がいっぱいつまっていた。使い古した歯ブラシとかもでてきた。歯ブラシは水回りの掃除用に使うのでとっておいたのが何10本もあった。数本だけでいい。この数年、一度も使用しなかったものはすべて処分をした。

 今日の「報道1930」では、「南海トラフ地震」発生確率80%について議論があった。ゲストは、片山善博(元総務大臣)、鷺谷威(名古屋大学減災連携研究センター教授)、小沢慧一(東京新聞記者)。片山氏は鳥取県知事時代に地震への対策に備えてきた経験から、実際に鳥取地震に対応できたことが報告された。南海トラフ地震や首都直下型地震などに備えて「国土強靭化」予算が、10年間に200兆円が使われてきたが、現実には地震とは無関係なものに支出されていたという。東北地震の時は増税して、復興に予算を回したが、実際にはそれ以外のところに支出があったと言われる。日本では、いつどこで地震が起こるかわからないので、身近な生活圏でどのような備えが必要かを考えておく必要があると強調した。能登半島地震のときには特にそう思った。ここ数年、能登半島では地震が起こっていた。にもかかわらず、その備えは十分だったのだろうか、あとの災害支援体勢は十分だろうかと思った。

 我が家では食料の備蓄は何とか1〜2週間分はある。マンション住まいなので、一番に水が止まるといわれている。トイレが使えなくなるという。我が家ではお風呂のお湯を貯めておく習慣もない。いつもお風呂に入ったあと、すぐにお湯を抜いて、お風呂場の掃除をして、乾燥をかける。水道が止まることを考えたことはほとんどない。ときどき夏の間だけ、大きいペットボトルを数本置いておくということはあるが、防災のために水は備蓄することを真剣に考えたことはなかった。さっそく購入しておこうと思った。