Mwenge Keikoのつれづれ日記

アフリカの人びとや文化の出会いを通して

フランス語の授業に  反戦歌を沢田研二が バラが咲いた

 午後2時34分のバスに乗り、地下鉄に乗り継いで、京都駅まで。10分ほど歩いて、キャンパスプラザ京都まで。3時半からのフランス語の授業に出る。今日はディクテをした。配られたプリントに、空白部分があり、そこに聴き取った単語を入れた。3〜4回聞いても、音から文字にかえる作業はなかなか難しい。文字を読む作業は英語からも類推できるが、音はそうはいかない。いい刺激のある授業だった。もう一つの教材は、先週にもらっていた、ムルージの「逃亡者」の内容を理解するために、一文一文を読んだ。元々、ボリス・ヴァンが、インドシナ戦争に対する反戦歌として歌った。大統領に呼びかけ、はっきりとした反戦内容になっていた。ムルージは「大統領」ではなく「立派だと呼ばれる人たち」と変えた。「戦争は馬鹿げたこと」と変えているが、どちらも反戦歌には変わりはないが、ムルージが歌った頃はアルジェリア戦争があり、フランスでは発禁となった。沢田研二は、ボリス・ヴァンの歌詞を忠実に日本語にして歌っている。「大統領閣下、手紙を書きます  もしお暇があれば読んでください 僕は今戦争に行くようにとの 令状を受け取りました いわゆる赤紙です 戦争するため 生まれたのではありません 勇気を出してあえて言います 僕は決めました 逃げ出すことを」 とてもスローテンポで心に染み込むように歌う。沢田研二は歌を通して社会的メッセージを伝えようとしたのは、ポリス・ヴァンの影響が大きい。

Le déserteur    Mouloudji

Messierus qu'on nomme Grands  / Je vous fais une lettre  / Que vous lirez peut-être  / Si vous avez le temps  /  Je viens de  recevoir  / Mes papiers militaires  / Pour aller à la guerre   /  Avant mercredi soir. 

 バラが大輪の花をつけている。一つの枝に三つも大輪をつけた。頭が重くなっているので、枝を切って花瓶にさした。プリンセス・ドゥ・モナコが咲き始めた。とてもいい匂いで花びらの周りのピンク色が可愛く、優雅だ。手入れをした甲斐があった。これからも虫と病気対策に心がけねば。バラを育てている人は、異常なほどバラに愛情を注いでいると思う。愛情がなければ、綺麗なバラは咲かないような気がする。

 

食糧危機が? 戦争犯罪裁判、ロシアと中国の接近は? 

  今朝8時過ぎに電話がかかってきた。印刷屋さんにお願いしていたアフリカ文学研究会の雑誌の合冊ができたので、自宅に持ってきてくれるという。印刷屋さんは京大の近くで事務所を構えているのだが、自宅が我が家から車で10分ほどのところにある。何度も足を運んでいただいて、ようやく原本の合冊ができた。厚さが5センチもあり、金文字の背表紙。

 国連で開催されたされた食糧安全保障の会合で、セネガルの外相が「飢餓、栄養失調、貧困、死、武力紛争、気候変動、新がコロナウィルスのワクチン不足と戦わなければならない。」「これらの惨状の他に、ウクライナにおける戦争を加えなければならない」と訴えた。ロシアやウクライナから、小麦粉などの輸入ができなくなると、たちまちのうちに飢餓と栄養失調に直面する。日本でもじわじわと小麦粉の値段が上がっている。ウクライナもロシアも経済的困難に直面している。ロシアのウクライナ侵攻はどちら側にとっても何のメリットにもならないのに。

 ロシア兵に対する戦争犯罪裁判が始まり、21歳のロシア兵がウクライナの62歳の非武装の民間男性を射殺したことを認めた。おそらく終身刑になるという。若いロシア兵も戦争の犠牲者であるが、民間人を射殺したことは正当化されない。ジェノサイドも、戦時中の殺人、強姦、集団処刑などは「人道に対する罪」で裁かれる。戦争による集団殺戮は絶対許されるものではない。

 「報道1930」で、ロシアと中国の結託はなんとしても「避けなければならない」という議論があった。ロシアと中国が結託して、欧米社会と対決すれば、大変なことになるという。中国は、アフリカや南米への影響力が強いことをその理由の一つに挙げる。中国が安易にロシア側につくような状況を作らせないことが、重要だという。外交力により、戦争状況に突入することを避けるべきだという。アメリカの出方次第なのかと思った。

 午後から歩いて、西賀茂にあるスギ薬局まで行った。20分ほどの散歩のつもり。消毒綿を購入。帰りにスーパMGに寄り、牛乳、卵、キャベツ、じゃがいもなどを購入。機会がある時には、毎日食べるものや日持ちのするものを購入することで、安心感を得ている。

ニオイバンマツリが満開となった。花は濃い紫色から薄紫、白への変化していく。南アフリカでは、友人の家には大きな木に育ったこの花がいっぱい咲いていた。Yesterday-Today-Tomorrowと呼んでいた。毎日花の色が変わることから、このような名前がついていて、誰もがそう呼んでいた。それが面白いと思った。知らない間に、シンピジウムに花が咲いていた。ほとんど手当てもしないで放置していたのだが、花が咲くと嬉しい。

郵便局と銀行に、ビート、バラのプリンセス・ドゥ・モナコ 誤送した交付金

 午前中は、郵便局と京都銀行に用があった。上高野には、堀川通りを挟んで東に郵便局、西に京都銀行があるので、バスで出かけた。一つは所沢に引っ越しをした友人に郵便物を出した。もう一つは京都銀行からお墓守りの年会費を払い込んだ。わずかな金額だが、三年に一度、共同墓地の管理費を振り込んだ。一年に4回は出かけていたが、コロナ禍の中、年に一度しか行かなかった。お寺さんには、お経を上げに家に来てもらっているので、それで済ませてきた。町の中にあるお墓なので地域社会がお墓守りをしてくれているのは、遠方に住むものにとってはありがたい。

 帰りに途中、スーパMGでお野菜や冷麺を購入。店頭にかわいいマリーゴールドが売られていた。ここ何ヶ月も咲き続けてているビオラの後にマリーゴールドを植えようと思った。バス停が家の前に移動しているので、大きな荷物があっても大丈夫なので、ついつい購入してしまった。今までマリーゴールドは植えたことはないので、どう楽しませてくれるのか期待大。

 1週間前に共同購入したボタンが咲き始めた。ピンク色の淡いボタンは優しい。

 お昼に、久しぶりに冷麺を作った。きゅうり、卵、カイワレ、ビート、トマトなどを盛り付けた。ビートは大原の朝市で購入したもので、酢漬けを作っておいたので、それを刻んで盛り付けた。ビートは栄養価が高く、鉄分が多く含まれていて、「飲む血液」と言われるほどだ。カリウムも多く含まれていて、体外に塩分を排出する「脱塩効果」があるそうだ。久しぶりに食べたので、美味しかった。

 夕方にバスに乗って、筋トレジム・カーブスに行った。4日ぶりだった。身体を動かしていると、心まで緩んでくる。少しは身体が軽くなったような気分になった。

 長い間、硬い蕾だったプリンセス・ドゥ・モナコが開き始めた。とても優雅な形と香りに引き寄せられる。今年も綺麗に咲いてくれたので、ホットした。

 山口県阿武町で、コロナ禍で生活が困窮した463世帯分の給付金を誤って、24歳の男性の口座に振り込んだという。4月8日のことだった。それから1ヶ月以上もたった今頃になって、振り込まれた男性は、ネットギャンブルで使い果たしたとか。返還を迫る町側は町議会の臨時総会で公金回収に全力で取り組むと決議した。なぜ1ヶ月も経っているのか、なぜその24歳の若者は、自分のお金ではないのに、全額ギャンブルで使ったと主張して、少しづつ返すと主張し始めた。町の交付金を配布して1ヶ月以上も経つのに、町長は一体何をしていたのかと思う。誤って送金したとするなら、なぜそんなことが起こり、なぜすぐに銀行に口座を閉鎖するように依頼できなかったのか、町長の対応のまずさを感じる。それに乗じた24歳の若者も、若者で、自分のお金でもないのに、なぜインターネットでギャンブルをやったのか。あまりにも幼稚な精神で、しかも自分のお金でもないのに、海外のネットギャンブルに使ったのか。社会的には許されない行為だと、理解できなかったとすれば、どんな教育を受け、どんな育ち方をしたのか、全く理解できない。

サザンカの手入れ、お習字のお稽古 大丸に

 

午前中はベランダの植木の整理をした。サザンカが新しい葉っぱを出す季節なのに、あまり元気がない。もしかしたら、幼虫にやられているのだろうかと思った。お天気は暑くも、寒くもないので、植木に水やりをした。バラは外側に向かって花が咲き始めた。植木鉢に植えているので、180度回転させて向きを変えた。ベランダに出ると、バラたちがこちら側に向いて、挨拶をしてくれているように思えた。ミニバラはピンク色だったのに、今咲いているのは全て赤色になっている。土や薬などの関係で、色が変わったのだろうかと思う。サザンカには虫はいなかったが、根詰まりが起こっていた。狭い植木鉢の中で、根がグルグル巻きに伸びて、髭根がいっぱいだった。呼吸ができない状態だったのだ。早く土替えをしていれば、こんな状況にはならないのにと申し訳ない気分になった。髭根をとり、不要な根を切りとり、根の周りの土をほぐした。植木鉢に新しい土を敷き、その上にサザンカの木を戻して、上からも土をかけて、隙間に土が入るようにした。そして元にあった場所に戻した。これで元気に育ってくれるといいのだが。

 午後からはお習字のお稽古に出かけた。私が書いたのは、千文字の「晉楚更霸 趙魏困橫」の前の部文。意味は、「晋と楚は、かわるがわる覇者となり、趙と魏は、秦に苦しめられた」。中国では絶えず戦争があったということか。コロナ禍の中、お習字教室もしばらくはお休みが続いたが、昨年から再開されて、10人ほどが集まっている。どなたも、唯一の社会交流の場となっていることを今日も改めて確認した。皆さんが元気にお習字教室に通えていることを嬉しく思った。もう二度と、場所の移動、人びとの集いを禁じられたくない。お習字の後、すぐ近くの大丸に立ち寄った。ファミリー食堂があった8階は全面立ち入り禁止場所になっていた。リニュアル中で来年春に再開予定。大丸の食堂は110年続いた歴史がある。厨房の設備の老朽化が理由。再開が待ち遠しい。

 スウェーデンフィンランドNATOに加盟を希望しているが、現在NATO加盟国30カ国。フィンランドは、第二のウクライナになることを恐れての決断だ。トルコはロシアの顔色を窺っているのか、フィンランドスウェーデンNATO加盟には難色を示している。トルコはNATO加盟国だが、ロシアとは友好関係を築いているために、フィンランドスウェーデンの加盟を認められない。ロシアのウクライナ侵攻に対して、西欧諸国がロシアに対して出した経済制裁にはトルコは参加していない。微妙な立場にあるトルコはフィンランドスウェーデンNATO加盟には賛成できないようだ。

るり渓の新緑を散策 日本のデジタル化は?

 朝から京都府立るり渓自然公園にいつもの友人たちと出かけた。家から車で1時間半ほどの距離。五条通りから、桂を通り抜け、沓掛インターから京都縦貫自動車道を利用して園部インターでおり、深山を目指して、るり渓へ。渓流4キロあるが、下側から少しと、上側から少し歩いた。様ざまな木々の新緑が重なり合って、美しい。その下を渓流が流れていた。別世界に足を踏み入れたような感覚だった。鳴滝と呼ばれる滝と滝壺があったり、大きな石や小さな石が川にまるで島のように点々としていて、苔むしていた。絵画の世界にうっとり。1枚目の写真は快刀巌(大きな岩の真ん中を、刀でスパッと松の木が生えていた)。数日前に石を水彩画で描いたこともあり、石や岩などがとても美しく見えた。

 ランチはるり渓でボタン鍋を食べた。ちょっぴり甘めの味噌仕立てのボタン鍋。とても美味しかった。月曜日なので、ほとんど人がいなかった。食事の後、るり渓の上のほうに行くと、温泉もあり、キャンプ場もあって、少し人がきていた。土日は家族連れなどで結構賑わうそうだが。いつものように温泉につかり、ゆっくりした。帰路車のタイヤがパンクするハプニングがあったが、とても気持ちのいい散策ができた。

 昨年に菅前政権がすすめてきたデジタル庁が早くも「黄信号」だという。毎日新聞のニュースだが、全国内の自治体1700の住民台帳のデジタルシステムがバラバラで、統一することは難しいという。これまで、システム構築のための機器投資をしてこなかったことのツケがきたのだ。例えば、銀行間のシステムの不統一が、たびたび問題を起こしている。システム構築の人材不足が大きい。それに、システム統一に住民基本台帳マイナンバーカードと紐つけしようという不穏な意図が前面に出て、一歩も先に進まない。何度もここで書いたが、デジタル化を押し進めるのには、危機意識をしっかりもち、最新の技術を持つ人材の登用と育成が必要だ。

 今のロシアとウクライナの戦争を見ていても、それぞれの国の軍事作戦の情報はダダ漏れで、戦場で何が起こっているのかは、世界中のどこからでも、映像として記録されている。情報デジタル化による結果だということは誰もが知っている。日本はその水準に達していない。

大原の朝市、おしゃれ着 小麦粉は?

今日の1日は、大原の朝市から始まった。6時15分に出発したが、到着してみるとすでにたくさんの人が来ていた。多くの農家の方たちは農薬を使わないで、新鮮なお野菜を作っているので、レストランのオーナーさんたちもここに野菜を買いに来ている。生でサラダで食べても安心だし、野菜のうまさを味わえる。大根がまた出始めた。夜に大根を輪切りにしたものをレンジで5分ほどチンして、それをバターと醤油でこんがり焼き目をつけた。美味しくできた。お花はゆりとカーネション、菊などを購入した。二つに分けて生けて見た。

 

 ちょっとおしゃれをして過ごそうと思った。昨年、着物の生地で作った服を着ようと思って取り出すと、最後まで仕上げていなかった。こんなことはあまりしないのだが、首の周りの最後の飾り縫いをしていなかった。仕付け糸はつけていたので、首の周りを縫えばいいだけだった。ミシンを取り出し、アイロンの電源を入れた。昨年まではミシンを出しっぱなしにして、いつでもミシンがけができる状態だったが、今はミシンをクローゼットの中に仕舞い込んでいるのがいけなかった。パンツも作っていたので、重ね着でゆったりと着てみよう。

 

ベランダのバラが綺麗に咲き始めている。毎日、毎日成長しているバラたちを眺めていると、とても気持ちが豊かになる。大原でバラの鉢を購入した。母の日のプレゼントとして売り出していたものだが、残り物で大安売りだった。家に持って帰ってみると、すでに植えてあったバラと同じ種類のものだった。ミニバラで「ほほえみ」。ピンク色の小さな花をいっぱいつけている。

 ロシアの経済が徐々に悪化してきた。世界中からの経済制裁が効いてきたようだ。外国企業のロシアからの撤退により、失業者が増えたことや、インフレが進み、生活に影響が出始めた。そこでプーチン大統領はどうするのだろうか。ロシアの国民を欺き続けることはできないだろう。支持率も80%台から70%台に下降気味になっている。またプーチン氏は、血液ガンとか、胃ガンとか、パーキンソン氏病とかに罹り、いろいろと噂されている。ウクライナへの侵攻の理由が曖昧になり、ロシア国民に嘘をつき続けることはできないだろう。

 小麦粉の値段が少しづつ上がり始めた。小麦粉の輸出国は、中国が世界一位、インドが二位、ロシアが三位、ウクライナが七位。インドでは小麦粉の輸出を禁じ、当分は国内需要に回すという。ロシアやウクライナから小麦粉が手に入らない状況が続けば、世界中の食卓が混乱する。

フランス語の授業 散歩でセンダンの花 水彩画教室

 13日(金)午後3時半から5時まで、キャンパスプラザでフランス語の授業を受けた。2022年度の京都外国語大学が提供する生涯教育講座。去年度は前期の途中から始まり、後期の最後まで授業があった。今年もなんとかスタートしたが、今後どうなるかはわからない。入門、初級、中級クラス分けで、昨年度からは上級クラスは中止になった。それで中級クラスに申し込んだが、大勢が希望したようで2クラスに分かれ、3時半から5時までのクラスになった。お昼ご飯を食べて、ゆっくり出かけることになった。14名のクラス。前クラスの人が大半だったが、何人かは知らない人たちだった。動詞構文の学習ではなく、作品を読むとのこと。楽しみ。先生は3月にフランスに出かけたという。コロナ禍の中なので、大変な思いをされたお話を聞いた。海外旅行には、PCR検査を含め、まだまだ多くの問題があるようだ。

 授業の後、上の孫が大学の帰路、京都駅を通るので、5時過ぎに待ち合わせていた。娘も合流した。1時間半ほどショッピングをしてブラブラしたが、普段通りだった。夕食後、気分が悪くなり、吐き気に襲われた。食欲がなく、いつもの半分ほどしか食べられなかった。身体に悪いものは何も食べていない。お昼は鍋焼きうどんを作って食べた。消化が悪いものは何もなく、フランス語の授業も気持ちよく受けた。ショッピングもいつも通りだった。トイレとベッドの間を何度か往復して、出すものは全て出した。翌朝は、何事もなかったかのように普通の寝覚めだった。悪夢のような昨晩の出来事はなんだったのだろうかと思った。一瞬、コロナ感染かなあと疑ったりしたが、熱はないので、コロナではないと確信したが。

 14日(土)バラが元気よく咲き出した。雨が降り出しそうなので、植木の水やりはしなかった。紫陽花の葉っぱの間をのぞいているとカメムシがいた。京都では特に左京区や北区はカメムシの大量発生地区とされている。水やりをしている時にも、カメムシの臭いがすると、見つけ出して、トイレに流したり、踏み潰したりする。特にバラに卵を産みつけられたら、悲しくなるので、毎日バラの葉っぱの裏表を観察している。

 10時過ぎに朝の散歩にでた。ウツギに花がいっぱいついていた。センダンの木にもいっぱい花がついていた。1週間でこんなにも変わるのだと思った。土曜日なので、植物園には大勢の人が来ていた。紫露草がいっぱい咲いていた。花ばなたちは、季節を感じさせてくれる。いつものように筋トレジム・カーブスに立ち寄り、筋肉運動をした。

散歩に出る前にピザ生地を作っていたので、お昼ご飯にピザを焼いて食べた。写真を撮るのを忘れたが、生地に牛乳ではなく豆乳を入れた。結構美味しくできた。

 そして「おとなの小学校」の「水彩画を楽しもう」に出た。今日から新しい先生が来られた。京都市芸術大学で学ばれ、銅版画家として活躍しておられる方だ。石を描いて、色彩した。水彩画の彩色の基本を学んだ。今日の参加者は4名だったが、初めて自己紹介をした。女性3人は長年一緒に絵を描いてきたので、お互いをよく知っていた。男性一人は最近に参加した。小児科のお医者さんで、もう退職しているとのこと。「小学校」に参加したのは誰よりも一番古くからの会員さんだった。

 ロシアのウクライナ侵攻を見て、フィンランドスウェーデンNATOに加盟したいと申請している。トルコが反対しているが。ロシアはフィンランドと国境を分けているので、第二のウクライナにもなりうる。その危機感からNATOの加盟へ向かわせた。一方ウクライナは、ロシアが占拠した東部の村を奪還したと報道。ロシア軍は苦境に立たされている。プーチン氏は最後に何をするか誰にもわからない。絶えず「核の脅威」をチラつかせている。プーチン氏に「核」を使わせない方法はないのか。ロシア軍が早く降参すればいいが。