Mwenge Keikoのつれづれ日記

アフリカの人びとや文化の出会いを通して

高齢者の保険制度後退、「統一教会」を法的に取り締まれないのか

 今日も家から一歩も外にでなかった。コロナに対する警戒心からではない。外に出て何かをしなければならないという理由が見つからない。家の中で一人でゆっくりすることに慣れ切ってしまった。外に出る「用事」が見つからないだけだ。テレビ画面かコンピュータの画面をのぞいて、その向こう側にある情報だけにアクセスする。嫌なものには「見ない」、「聞かない」として自分の世界の中にいる。フランス語の勉強は少しづつだが、確実に進んでいる。少しでも新しいことにチャレンジしていないと、取り残された気分になり、さらに落ち込んでしまいそうだ。

 京都府から「高額療養費支給事前申請」の通知がきた。医療保険料が変更になった。それではあまりにも不公平ということなのだろうか。上限額をきめて、それ以上の支払いがある場合には、事前に申告しておかないと、上限額以上の医療費を支払った人には返さないというもの。通知の内容は理解したが、こんなめんどくさいことに、理解できなくなった時には、どうなるのだろうかと思った。なんでこんな面倒なことを個々人が手続きしないといけないのか。手続きはしなかった人は、必要以上の医療費をはらわされることになる。自治体の責任ではないといいたいのだろうか。高齢者にはやさしくない社会になってきた。

 「報道1930」では、「統一教会」をとりあげ、フランスの「反カルト法」をとりあげ、日本では何が必要かを議論していた。ゲストは山口広(弁護士)、櫻井義秀(北海道大学大学院教授)。コメンテーターに堤伸輔氏。日本には、すでに法規制があり、それを使えばかなり取締ることができるが、政治家と「統一教会」の持ちつ持たれつのズブズブの関係から法的規制ができていない。教会側は「霊感商法」をいっさい、やっていないと主張しているが、巧妙な形で献金させ、ご褒美で「品物」を渡している。「教会」側からすれば、いっさい「霊感商法」などやっていないということになる。法的すり抜けだが、実際には「霊感商法」で信者は、家族を犠牲にしてまで、いろんなものを買わされている。山口弁護士はこれまで「統一教会」の被害にあった人たちの弁護をしてきた。その経験から、「統一教会」がやってきたことは、法的に裁かれるべきだという。同感。

 細田衆議院議長は、自身と「統一教会」との関係を明らかにしていない。「議長」という特権的立場を利用して、自らのセクハラ問題についても、一切無視して、謝罪もしない。だが、いよいよ「統一教会」で幾度も講演をしている。2019年の講演は映像で記録されており、「安倍首相に報告しておきます」とまで言っている。どんな言い逃れをするのだろうか。明日に文書で報告するようだが、なぜ潔く自らの行動を反省し、自らの態度表明ができないのだろうか。麻生太郎氏も「ひとごと」のような態度をとっているが、どういう関係だったのか、なぜ語らないのか。もし自分が正しいと思うのであれば、そういえばいいのではないか。いままでそうしてきたのに、「統一教会」の件についても、「安倍国葬」強行論者だったことも、なぜ語らないのか。政治家として失格。

 急に涼しくなってきた。夏の花はほぼ終わっているのに、ムクゲが毎日咲いている。

 

        

 

安倍氏「国葬」の一日

27日(火)今日は、安倍元総理の「国葬」で一日が終わった。何となくしっくりいかない「国葬」をテレビで見せつけられた。祭壇は菊の花一色で、安倍氏が受賞した勲章が飾られていた。会場の外では、「国葬」賛成派と反対派が道路を隔てて、集会をしていた。ちらっとメディアが報道していたが。

「報道1930」は今日の「国葬」の意味を問い直していた。ゲストは、保坂政康(ノンフィクション作家)と後藤謙次(ジャーナリスト)。コメンテーターに堤伸輔。司会は松原耕二。

 すべて腑におちる議論だった。歴史に学ぶことなく、政府内閣で勝手に決めて、「国葬」を決行した岸田首相の不見識が問われることになるという。岸田氏の判断力の欠如が指摘された。時の内閣が判断して「国葬」を決めればいいという、岸田氏の説明はまちがっているとも指摘していた。安倍氏の政治家として政策の評価はまだ出ていないし、あまりにも性急に決めてしまった。それが失敗だったと言った。保坂正康は、岸田首相の式辞について、本人が書いていない文章で、心に響かなかったとも言った。「丁寧な説明」というお題目のような言葉で、すべてをすまして、何の説明もできない岸田氏の「魔法の言葉」にはもう「魔法」などやどっていないのだと思った。

 保坂氏は宏池会を徹底的に調査してきた経験と見識から、宏池会出身の岸田氏には、宏池会の精神がまったく欠けていると指摘。今後岸田政権はどんな方向に進むのか、誰にも支持されないのではないかとまで指摘。やや勇足で「安倍国葬」を決め、後に引けなくなり、今日の弔辞で「安倍政権」の後継者を名乗ったことも、保坂氏にはおどろきだったという。

 それに対して、菅前首相の友人代表として読んだ弔辞は、安倍氏との関係がうまく語られており、自分で描いた文章を読んだことに、安倍氏と菅氏の関係がよくわかったという。山縣有朋が盟友伊藤博文を忍んだ歌「かたりあひて つくしし人は 先立ちぬ 今より後の 世をいかにせむ」を引用して、安倍氏と菅氏の関係性を重ねていた。率直な人間関係性を表現していたと言った。官僚の書いた文章を一字一句を読み上げていた菅氏とは全く違った印象があった。

 今日のゲストからは、「国葬」を強行したことで、岸田政権には「アベノミクス」の後始末をどうするのか、「アベノミクス」からの脱却をどうするかが大きな課題になると指摘。「アベノミクス」がもたらした弊害に目をつむるわけにはいかない。外交問題もそうだ。G7首脳国の代表は一人もこなかった。外国首脳との弔問「外交」の成果は期待できるのだろうか。世の中そんなにあまくない。

 「国葬」反対が6割にのぼっている状況をしっかり受け止めなければ、今後の岸田政権はうまくいかない。国民の怒りを軽くみてはいけない。「安倍国葬」を本当に誰が喜んでいるのだろうか。自衛隊に守られて行われた「国葬」に、いや〜な気分になったのは、私だけではないと思う。

 鳩がベランダにツガイで遊びにくる。うんちをあちこちに撒き散らすので、いやな気分になる。ツガイでやってくるので、冷暖房の室外機の奥で卵を産んだりするので、やっかいだ。見つけては処分をするのだが、気をつけておかなければならない。はと避けの対策をしているが、役にたたない。

排水溝の掃除 「世界遺産」セゴビア 女子バレー 偽メール迷惑

 排水溝の掃除の日だった。午後から台所、風呂場、手洗い、洗濯機の排水溝の掃除と点検にきてくれた。集合住宅に住んでいるので、一斉に水道管の掃除をしないと意味がない。一年に一度の点検がある。毎月管理費を払っているので、廊下や玄関口の掃除とか水道管の点検、電気系統の警報点検などは費用に含まれている。一斉でないと意味がないので、2ヶ月前には点検日が決まっていた。2年前には、ずっと家にいたのに、飛ばされたことがあったので、玄関ドアーをあけ、網戸だけにしておいた。声がけをしてくれ、手早く処理してくれたので、今年は無事に点検を受けた。ほっとした。

 お昼から娘と二人の孫がやってきた。世の中は3連休とかで、交通渋滞やら混雑やらで大変そうだが、この3日間はじっと家の中で過ごした。排水管の掃除も終わったので、トイレットペーバーなどの買い物に娘たちとでかけた。若い人たちは買い物が大好きで、テンションがあがってるのがよくわかる。上の孫は大学4年生だが、コロナ禍でもっとも大事な2年、3年はほぼオンライン授業で、自宅にこもったままだった。友人作りもできないままだった。下の孫は何とか大学に通い、8月にはトロントまで一人で行き、語学研修をしてきた。自立が始まった。この3年間の間にほとんど何もできなかった人と、これから少しづつやりたいことがやれる人との差は大きい。私たち年寄りはこの3年間、社会活動がかなり後退した。どう取り戻せるだろうかと思案する。

 今日のテレビ番組「世界遺産」はスペインのセゴビアの水道橋をやっていた。いつのことか忘れたが、マドリードで国際女性学会があったときに、私は妹も誘って参加していた。会議中には妹はあちこち観光してまわっていた。学会が用意していたセゴビア旅行に妹も一緒に参加した。日本からは10数人が参加していたので、心強かった。ガイドさんの説明で、デズニーランドのシンデレラ城のモデルはこのセゴビアだと知った。その時にバスの窓の外にみえるお城のことはよく覚えていた。それと街の中にそびえ立つ水道橋も印象的だった。ローマ時代、紀元2世紀に建てられたものだと知り、えらく関心した。町のなかをブラブラしたこともよく覚えている。番組「世界遺産」で、改めて水道橋の歴史を知り、十数年前の記憶がぱっと蘇った。

 夜9時から始まった女子バレー女子世界選手権試合を見入ってしまった。コロンビアとの戦い。試合は、日本が優勢ですすみ、第三戦ストレート勝ち。強かった。あっという間に試合は終わった。スポーツ観戦は楽しい。明日以降はチェコ、中国、ブラジルとつづく。

 最近は私のメールに不審なものが届くようになった。こんないたずらはやめてほしい。クレディット・カード、銀行の口座、アマゾン、高額さしあげます、などなど。今日は「あなたはアダルトビデオをみています」というもの。読むだけでも気分が悪くなる。なぜこんな阿漕なことをするのだろうか。私はすぐにメールを消去しているが。家の電話にかかってくるものも、詐欺まがいのものが多くある。電話で勧誘や商売などしてくる。中には、ガスの無料点検とか言ってくる。集合住宅で、個別点検など絶対あり得ない。それにのっかる人はいるのだろうか。

フランス語小説を読む 「国葬儀」に反対

 フランス語の勉強。昨日は休日だったので、フランス語の勉強会はおやすみだった。今日は朝から"Pourquoi le ciel est bleu"を読んだ。前回は第1章の途中までだったので、その続きを読んでいる。一文一文、丁寧に読むことで、物語の展開がみえてくるはずだ。語り手の私は、お爺ちゃんの人生をたどろうとする。父親を誘って、お爺ちゃんのお墓まいりをしようと思うが、お墓がみつからない。語り手の「私」が7歳のときに、お爺ちゃんが亡くなったので、お爺ちゃんの家族のことはよくは知らない。第1章は、お爺ちゃんの足跡を求めて、まずは父と二人でお墓参りに行く。お爺ちゃんのお墓が見つからない。なんとかして、お爺ちゃんを知る人や、役所の書類などをたどりながら、三世代の家族史がはじまる。先を読むのが楽しみ。100年史を視野にいれた壮大な歴史・家族史を予想させるが、それにしても私自身がフランスの歴史については全く無知であることを思い知らされた。少しづつ、あせらずに、しっかりと理解していこうと思った。たとえば、Nulle âme ne rôdait dans ce village déserté depuis la victoire, célébrée par la fin du XXe siècle, de la France urbaine sur la France rurale.では、明らかにフランスの都市と農村の関係や、20世紀のフランスの位置を知らなければ、著者の意図はわからない。基本的にはフランスのことは何も知らないで、言葉の勉強などできるはずがないと思った。試験があるわけでないので、少しづつすすめよう。

 安倍元首相の「国葬」に反対する人が増え続けているが、なんとしても実施するようだ。やく6000人に案内状を送り、約3600人が出席。海外から約700人の参列。自治体の大半は出席。各大学の学長の出欠席が注目を集める。文科省助成金に響くとして、多くが出席努力をしている。

 「国葬」準備のために、東京都内の警備が厳しくなり、コインロッカーなどには不審物が入っていないか、警察犬に調べさせている。以前に私の職場の近くを天皇・皇后が川島織物をご訪問されるとのことで、その通り道が一週間前から警察が不審物がないか調べていた。草むらのなかを棒で突っついていた。当日は一時期通行禁止になっていた。京都に住んでいると、御所周辺の警備はより厳しくなることがあった。「国葬」を無事に終えるためには必要なことなのだろうが、なんという無駄なお金と時間を使っていると思う。今日の調査では、60.8%が反対している。岸田首相の支持率はガタ落ち。普通に考えても、「葬儀」は亡くなられたあと、すぐに行われるのが普通で、2ヶ月も間があくのは、「追悼の会」のようなものだという人が多い。政府はいま「国葬」とは言わずに、「国葬儀」と言い換えている。どう呼ぼうが国家予算で行われる「葬儀」であることにかわりない。

 今日も咲くムクゲ。昨日咲いたムクゲの花は下に落ちていた。

 

病院めぐり マイナンバーは必要? コロナ検査緩和?

 今日はもう23日。あっというまに2日がすぎた。この前の3連休が始まったときに、夫が心臓がどうもおかしいと言い出した。不整脈。しばらく横になったりして、大事をとりながら、休息。

 20日(火)にいつもの病院にでかける。不安らしく、タクシーで病院まで行った。すこし症状はおさまっていて、第二日赤病院に紹介状を書いてもらい、改めて木曜午前中に診察をうけることになった。私も2、3日後にはいつもの病院に来ないといけないので、ついでに診察を受けた。食事の管理がよくできているとのことで、すごく数値がよくなっていて、先生から褒めてもらった。夫は安心したのか、ちょっと落ち着いたようだ。いつものようにバスで帰宅した。

 22日(木)10時45分の予約だが、家を9時過ぎにでて、バス:地下鉄をのりついで、第二日赤病院に行った。心電図や血液検査など診察前の検査を受けて、担当医の先生の診察をまつ。ほぼ11時半ごろにようやく、診察を受けた。5年前に心臓につながる動脈にステントを入れていただき、毎年その後の経過を観察してもらってきた。先生は、いきなり、「即入院か」と思っていたが、今日の検査の結果、どこも悪くないので、様子を見てくださいといわれて、ほっとした。三連休がつづくと、かかりつけの病院は休診中だし、どこに連絡していいかわからないので、どうすればいいかと先生にうかがった。すると、救急車なんか呼ぼなくて、すぐにタクシーで第二日赤病院にくればいいと言ってくれた。ここにはカルテもあるのでと。救急車はいまコロナで大変混んでるだろうし、どこに運ばれるかわからない。もし別の病院なら、第二日赤からカルテをとりよせたりと、時間がかかり、より面倒だとも言ってくれた。そうだ、ここの病院の患者なんだから、そして病院は時間外もあり、緊急病院でもあり、対応をしてくださるのだと安心した。地震がいつ起こるかわからいのと同じように、心臓に不安を抱えている人は、いつ発作が起こるかだれも予想はつかない。だが、どう対応すればいいかを聞いて、安心した。

 新しい台風が日本に接近している。ここしばらく突然秋がきたのかと思うほど、急に寒くなった。あわてて、長袖のT-シャツを取り出した。夏服をしまわなければならない。お天気の日に軽く洗濯をして、しまおう。この夏も一度も袖を遠さなかったものがある。処分かな?

 マイナンバーカードの普及率があがらない。政府は自治体ごとの普及率に応じて交付金を配分すると自治体に圧力をかけたという。群馬県山本一太知事は定例会見で「国の制度なのに都道府県に責任を負わせ、成績が悪ければ補助金交付金を冷遇するというのはほとんど恫喝(どうかつ)する形で、アプローチが間違っている」と批判した。政府は無策で、どんなことも権力と金で国民を支配しようとする。だから国民が反発する。安倍元首相「国葬」だってそうだ。地方自治体の8割以上が「国葬」に出席し、政府に盾はつかない。国民の意思などどうでもいい。こんな政治をつづけているから、日本はどんどん腐っていく。

 9月7日から日本に入国する際は、PCR検査は不要になった。孫はその3日前にカナダから帰ってきた。自分で検査所をみつけて、自腹で検査をして帰国した。京都知事も先日コロナ対策を公表した。65歳以上の高齢者のみが保健所を通してPCR検査が必要で、その他の人は普通に病院で診察を受けることとなった。自費診察。人数だけは保健所に届けることとなった。政府は、従来のコロナ対策から手をひき、無策・愚策の対策にシプトした。国内で薬もつくらない、ワクチンもつくらない、検査もしない、治療もしない、「しない」づくしのコロナ対応になった。本当に安心して暮らせるのだろうか。安倍元総理の「国葬」時には全員マスク使用を決めたという。マスクをしない国からくる代表の人たちに、マスクを強制できるのだろうか。

   病院の帰り、久しぶりにお蕎麦やさんでランチを。今朝もムクゲが咲いていた。

女王エリザベス二世の「国葬」 習字のおけいこ

 女王エリザベス二世の「国葬」がウェストミンスター寺院で行われたのをテレビで見た。宗教と政治ががっちりと手を組んでいたことをイングランド国教会の教会で、エリザベス女王がそのトップでもあった。いまは国会議事堂となっているウェストミンスター宮殿に遺体が安置されていたので、そこには一般の参拝者たちが、長い列をつくり、最後のお別れができた。そこからウェストミンスター寺院に運ばれて、国内外から2000人の招待客が列席するなか、厳かに儀式が執り行われた。新しくイギリスの首相になったリズ・トラスさんが聖書の一文を読んだ。ヨハネによる福音書第14章1〜9節だった。

14 “Do not let your hearts be troubled. You believe in God[a]; believe also in me. 2 My Father’s house has many rooms; if that were not so, would I have told you that I am going there to prepare a place for you? 3 And if I go and prepare a place for you, I will come back and take you to be with me that you also may be where I am. 4 You know the way to the place where I am going.”

Jesus the Way to the Father

5 Thomas said to him, “Lord, we don’t know where you are going, so how can we know the way?”6 Jesus answered, “I am the way and the truth and the life. No one comes to the Father except through me. 7 If you really know me, you will know[b] my Father as well. From now on, you do know him and have seen him.”8 Philip said, “Lord, show us the Father and that will be enough for us.”9 Jesus answered: “Don’t you know me, Philip, even after I have been among you such a long time? Anyone who has seen me has seen the Father. How can you say, ‘Show us the Father’? 

ウェストミンスター寺院で式典が行われたあと、英国全土で2分間の黙祷があった。その後、女王の棺は砲車に乗せられてバッキンガム宮殿の前を通り、ウェリントン・アーチまで約45分間、棺の後に、チャールズ国王やアン王女など4人の子供や、孫のウィリアム皇太子やハリー王子などが歩いた。多くの沿道の人たちに見送られた。前夜には馬が歩きやすいようにと、車道に砂を敷く作業をしていた。こうした気配りにも感動した。そのあと、霊柩車でウィンザー城に運ばれた。こうした場面がテレビ中継で放映され、世界中で数百万人が視聴したといわれている。イギリス帝国の偉大さを見たような思いがした。それと同時にエリザベス女王がいかに国民から、世界中から親しまれていたかということだろう。

 女王エリザベス二世は、居住していたウィンザー城の夫が眠るセント・ジョージ記念礼拝堂に埋葬された。ここは父ジョージ六世が亡くなったあと、エリザベス女王が私費で建てたものだという。父親と夫が眠る場所に加わった。トラス首相が朗読した聖書の中のThe Fatherというのは、「天にまします我らの主よ」なのだが、おそらく、父ジョージ六世のことも暗示したのだろうかと勝手に解釈している。

 

                       

 20日(火)お昼から、「おとなの小学校」のバラのお手入れに出かけた。二週間前の作業に参加しなかったので、久しぶりにバラたちに出会った。夏の暑いなか、黄色くなったり、病気にかかった葉っぱなどは、きれいに取り除かれていたので、今回の作業はそれほど大変ではなかった。それでも、バラの木にいっぱいトゲがあるので、病気の葉っぱを取り除くには大変だった。

  そのあと、お習字のお稽古にでかけた。「起翦頗牧 用軍最精」(キセンハボク ヨウグンサイセイ)の前半部を書いた。前半部の四文字は、秦の名将が白起(ハクキ)、王翦(オウセン)、趙の名将は廉頗(レンパ)、李牧(リボク)のそれぞれの一字をとっている。後段は「軍を用いるに最も精(すぐれ)たり」という意味。翦の文字は見たこともなかったので、まるでスケッチをするように書く。形がうまくとれないが、丁寧に書くことに努めている。先生はバランスが大事だと。

買い物に京都駅まで 大原の朝市のお花たち 「国葬」をめぐる問題

  17日(土) 特に予定もなかったので、娘と下の孫と京都駅周辺をブラブラした。特に何かの目的があったわけではない。家に引きこもっているより、外に出たほうがいいくらいの軽い気持ちでかけた。京都駅周辺には大勢の人たちが集まっていた。駅は通過点の一つで、旅の途中で時間調整のために、ブラブラすることもあったり、人との出会いの待ち合わせの場所であったり、観光のためにやってきて起点であったり、理由はそれぞれだ。外国であれ、日本であれ、どんな都市に出かけても、駅や空港から始まる。どこに行ってもô、駅前も空港もほぼ覚えている。

 今日は、京都駅周辺を少し歩いてみた。いつもは地下街とデパート(伊勢丹)か量販店(ヨドバシカメラ)しか行かないので、地上の変化は知らなかった。京都駅周辺にいくつもの新しいピルを建設中で、すっかり様変わりをしていた。いままでは、京都駅の周辺にも京都らしい低層の和風の家屋がたくさんあった。それが見事に姿を消し、高層ビルに替わろうとしているのを知った。

 18日(日)大原の朝市にでかけた。友人は先週に沖縄近くの海に潜りに行ったので、朝市はお休み。海に潜るのは、とてもエネルギーがいると思う。とてもいいお天気で、潜れたそうだが、最終日は潜れなかったが、観光をしてよかったと。とても楽しそうに話してくれたので、聞き入った。野菜とお花を購入。

 フウセントウワタオンシジュームケイトウ、リンドウ、オミナエシユーカリ、菊を購入。あれこれ入れてみた。

 エリザベス2世女王の「国葬」と安倍元首相の「国葬」が比較されている。国と質がちがう。ベッカムさんでも一般の弔問の列にならび、何時間も待っている写真が報道された。日本では宮本亜門さんに「国葬」招待状がきたと言う。ツイッターでこう述べた。「どうしてこれが僕に? 何かの間違いでしょう。政治家でもなく桜を見る会すら呼ばれたことがないのに。もちろん私は行きませんが。宮本亞門」。ツイッターで欠席を報告するのは、礼儀知らずだとか、おかしいという意見が飛び交っている。おかしいというほうも、なぜツイッターでと思うのと思うが。宮本亜門さんの「欠席」表明は、明らかに「国葬」に対する反対であり、どういう人を基準に招待状を出しているのかという疑問であり、「国葬」を利用して、政府がいろんな分野の人たちを取り込もうとする姿勢に対する抗議だと思う。「国葬」に呼んでやっている、「名誉」なことだろうといわんとばかりなら、「国葬」が政治利用になっているのではないか。一般の国民には一斉の「黙祷」を強制しないというならば、「国葬」にする必要はない。

 エリザベス2世女王の「国葬」には全国の一般の人たちの弔意が表れていて、葬儀の終了時に2分間の黙祷が決められていて、時間も公表されている。日本では二階前幹事長は、こう言い放った。「みんな黙って手を合わせて見送ってあげたらいい。・・・終わったら反対していた人たちも、必ず良かったと思うはず。日本人なら・・・長年つとめた首相が亡くなったのだから、みんな黙って手を合わせて見送ってあげたらいい。・・・国葬がどうだとか、こんな時に議論すべきではない。控えるべきだ」と。

 この「日本人なら」がSNSで炎上している。「国葬」に反対していることに対して何の考えもなく、この「日本人」という国粋主義的、全体主義的言い方には誰もが反発している。頭がふるく、時代錯誤な人が政治家であってほしくない。