Mwenge Keikoのつれづれ日記

アフリカの人びとや文化の出会いを通して

大竹しのぶのピアフ・コンサートに

 兵庫県立芸術センターで開催された大竹しのぶのピアフ・コンサートを聴きに行った。フランス語を習い始めて、最近ではYou Tubeでよくシャンソンを聞くことがある。私が学生の頃はシャンソンが大流行りだった。それでフランス語を勉強しようと思って、第二外国語にフランス語を選んで勉強をした。シャンソンの歌詞をフランス語で理解するまでには至らなかったが、むしろ当時によく歌われた日本語でのシャンソンは耳に残っている。多くのシャンソンエディット・ピアフが歌っていたものだと、ずいぶん時間が経ってから知ることになった。

f:id:mwenge:20190117221624j:plain

 

 昨年の暮れに、何げなく見ていたテレビ番組の合間に「大竹しのぶのピアフ・コンサート」を知り、ネットでチケットを購入した。セブン・イレブンでチケットを印刷してもらった。

 

 「パリの空の下」から始まって、「バラ色の人生」「私の神様」「群衆」「バダン・バダン」「老兵」「ミロール」「水に流して」「「愛の讃歌」まで数多くのシャンソンは、まるでピアフの愛のメッセージ、人生の物語のような気がした。大竹が語るピアフの歌の物語は、まるでドラマを見ているような気持ちにさせてくれた。「愛の讃歌」は、ピアフが、恋人のマルセン・センダルを想って作ったと言われる。センダンには妻も子供もいたが、ボクサーで試合に出かけた先から、船で帰国すると時間がかかるので、飛行機で帰ってきてほしいというピアフの要望に応えて、飛行機で帰ってくる途中に事故にあい亡くなってしまった。そんな彼のことを思ってできたことを、大竹は舞台で解説した。

 私の世代では、越路吹雪岸洋子の「愛の讃歌」は馴染深いが、大竹しのぶの「愛の讃歌」も新鮮に聞こえた。恋人への愛の強い気持ちが伝わってきた。

 第二部は、ピアフの歌ではなく大竹が好きな歌を歌った。今日は、阪神神戸大震災の24年目の記念日であるので、東北、熊本を襲った地震で被災した人たちのことも思って歌った。「ピアフの歌は祈り、叫び」であると舞台で語った通りに、今日の記念日にふさわしく、大竹の歌は亡くなった人たちにも、生きている人たちにも「歌が祈りであり、叫び」である。久しぶりに心にしみる歌をたくさん聞いた。出かけてきてよかった。

 アンコールに応えて、フランス語で Non, je ne regrette rien「私は何も後悔していない」を歌った。日本語訳のこの曲は「水に流して」とあるが、過去のことは水に流すという意味だろうが、私はフランス語通りに解釈すれば、あるいはピアフの行き方からすれば、過去のことを水に流して今日を生きるということではなく、過去のことなど何も後悔していない。その時、その時を自らの意思と愛で生きてきたことへの自負があるような気がする。拍手喝采

 

 

 

一期会の集いと健康

 1月15日は、例年「旧成人の日」の会を持っている。高校時代の2年間を同じクラスで勉強した女性6人の会。

f:id:mwenge:20190115151543j:plain

今年は一人が足の骨折のために参加できなかった。神戸の北野クラブの中にあるフレンチ・レストランでゆっくりと食事をし、おしゃべりに花を咲かせた。お一人が2ヶ月前に脳梗塞に襲われたが、無事に参加できた。奇跡的なお話で、みんながびっくりしたのと同時に素晴らしい回復を喜んだ。他の人からも骨折や腰痛の話が飛び出し、私たちが年を取った証拠だと確認し、元気で過ごそうと話した。こうして一年に一度とはいえ、たわいなく話ができ、楽しく生きる知恵を分かち合えるのは、毎日の生活への張りになったり、励みになる。それぞれが高校時代に一生懸命に勉強していた頃の時間に一瞬戻れた。左上の赤い実がいっぱいの木は、モチノキとのこと。春には美しい花が咲くのだろう。素敵なお庭だったので、それぞれの季節にまた来たいなと思った。


 1月16日は、以前から予約していた健康診断をかかりつけの病院で受けた。生活習慣病はともかくとして、その他の診断は全く問題がないという。心電図もここ10年ほど全く変わりはなかった。食生活と健康維持のための運動を続けていくことを再確認した。

 家に帰ってみると、虹が出ていた。うっすらと虹が二重になっていた。とても嬉しい兆候かな?

f:id:mwenge:20190116112857j:plainf:id:mwenge:20190116112912j:plain

 夕方に筋トレジムに行った。連休があったので、久しぶりのジムだった。身体をあまり動かしていなかったので、節々が痛い。筋トレをして身体がすっきりした。友人と一緒になり、車で家まで送ってもらった。やはり今日はいいことがあったと感謝。

 

手塚治虫と英語教科書

 久しぶりに高校生に英語を教えた。滋賀県の公立高校の英語の教科書に手塚治虫のことが紹介されていた。高校生の頃に戦争を体験して、生命の尊さを学んだ手塚治虫は、漫画やアニメを通して、それを伝えてきたという。B29の空爆を目撃し、その後、目にしたものは多くの死者だった。恐ろしい風景の中を歩いて帰宅する途中に、空腹だった彼に、おにぎりとお茶をくれた見ず知らずの女性も、空爆で死んだことを後に知り、ショックを受けた。戦争の非人間性を思い知ったという。こうした原体験は彼の作品「火の鳥」シリーズなどに表現され、「生きるということ、gratitude for life 」がテーマだったというエピソードが描かれていた。読み応えのある内容だった。英語はそれほど難しい表現はなく、内容を理解できれば、簡単に読めるものだった。

f:id:mwenge:20190114203556j:plain 今日は成人式。例年のごとく一部の若者が式場で暴れたそうだ。大人になったから何をしても許されるというのだろうか。女性は大半が振袖の和服を着て、綺麗に髪を結って、髪飾りをつけている。だが、晴れ着が着れない人や成人式に出席できない人もたくさんいるだろう。成人式にレンタル着物を選んだとしても、当日の髪の手入れ、着付け、記念写真等などと経済的には高くつく。どれだけの人が晴れやかな成人式に参加できるのだろうか。ふっとそう思った。

  ニュースで知ったのだが、今年は祖母や母の振袖を着たという人が60%近くいたという。とてもいいことだと思った。代々受け継がれる日本の着物は素晴らしい。日本の着物の良さが伝わるし、古い着物を着ようと思う心も大事で、時代や流行に流されないのが和服なのだろうと思う。2、3年で流行遅れの洋服が捨てられてしまうことを考えると、100年以上も着れる着物は質と形が守られているように思う。

 

 

ゴミ処理を

 この間ずっと不用品の整理をしているが、家庭ゴミで出せないものなどを京都市のゴミ処理場に持ち込んだ。普段は月曜から金曜しか開いていないが、第二と第四土曜日は午後4時半まで受け付けてくれるというので、娘が2回車で不用品を運んでくれた。100キロまでが処理費が1000円。それ以上、600キロまでで100キロごとに1500円。

 最初はいらなくなった鏡台や机、コンポ、鍋や家庭用品など190キログラムもあった。2度目は主に布団類だった。これは100キロまでだった。全部で3500円。

 最近では重たい布団を畳の上に敷いて寝ることはなくなり、ベッドで寝ているので、何年も使っていない布団がたくさんあった。また綿のうわ布団も重たくて使うことはなく、軽い羽布団を使っているので、こうした布団は不要になってしまった。

 若い頃は布団の綿の打ち直しをお願いし、布団を作り直していた。子供の頃に母の手伝いをしながら、布団や座布団の作り方を覚えたものだ。部屋中に綿ぼこりになるので、新聞紙を水に濡らして、小さくちぎって畳の上にまいて、箒で掃き集めた。こんな光景はもうなくなった。

 最近も羽布団をコインランドリーに持っていき、水洗いして、乾燥した。簡単にお布団も丸洗いができてしまう。

 

f:id:mwenge:20190114161630j:plain

暮れに買い込んだ野菜がたくさん残っていたので、ちらし寿司を作る。白菜と豚肉を交互に挟んでミルフィーユ風に重ねて、三等分に切り、それを紐でくくってお鍋に入れる。和風スープの中でゆっくり煮込む。これが結構美味しくできた。子蕪、人参、玉ねぎ、ねぎ、サトイモ、キャベツ、トマトなどたっぷりの野菜とソーセージを入れたポトフ風のスープを作る。ゴボウとレンコンと人参のキンピラを作る。久しぶりにミンチ肉を入れたサモサも作る。

フランス語の授業が始まる

 午前中に、夫と二人で、かかり付けの医院に薬をもらいにいく。体重も変化なく、血圧、脈拍は全くの正常。日常の規則正しい生活が功を奏しているかも。ストイックなほどに間食をやめると効果抜群。血液検査をするので、朝食を抜いて出かけたので、診察が終わった後、ターミナルまでバスででて、行きつけの喫茶店でモーニングを食べる。コーヒがとても美味しい。

 午後からはフランス語の授業に出る。今日から冬学期が始まった。この三週間の冬休み期間中にフランス語の復習をしようと思っていたが、全く教科書を開く間もなかった。家の中のものの整理と掃除に明け暮れて、フランス語のことはすっかり忘れていた。年末年始の我が家の行事はルーティンながらも、それなりに忙しい。

 それは言い訳であって、実際にはフランス語に心が向かなかっただけだ。今日の授業を受けてみて、新鮮な感じがした。先生は、休みのバカンスをニューカレドニアでどのように過ごしたかを話してくれた。多人種社会で、40もの言語が話されていること、都市と田舎のギャップなどは、興味深かった。新人が一人、クラスに入ってきた。マンネリを打破する新しい刺激となった。

 夕食は、ブリの塩焼き、きんぴらごぼう、小松菜と薄揚げの炊いたん、粕汁。健康食そのものだ。

 

鏡の再利用

 もう使わなくなり、クローゼットの奥にしまいこんでいた鏡台を捨てることにした。ついでにクローゼットの中のものを整理し、少なくともここ何年も着なくなった服も処分した。できた空間に袋類を整理してしまった。何と大小の袋、会議バッグがたくさんあることか。会議バッグは、例えばAfrican Literature Associationの年次大会には、ほぼ30年近く参加しているので、毎年もらっている。会議のロゴが入り、私にはいつどこでその会議があったかわかるので、とても大事なものだ。日常的には使えるようなものは少ないので、ついついしまってあるので、どんどん増えてしまう。

f:id:mwenge:20190110172345j:plain


 鏡台の鏡は三面鏡だったが、真ん中の鏡だけを取り外して、壁にかけた。横45センチ、縦110センチのものを、高さ150センチの位置に取り付けた。本来ならば壁の中に埋め込みたいところだが。木造の家に住んでいたとき、何年も前に壁に横90センチ、縦2メートルほどの鏡を取り付けてもらったことがある。誰もがその前で身支度をするのに便利だった。特に着物を着るときにはとても重宝した。

 今はマンションなので、壁に吊るしてかけておくしかない。上下に、絵画用のフックを壁に打ち込み、吊るした。それでも全身がうつるので便利。

 

 プラスチックの買い物カゴにスカートとベストの古着を被せた。比較的しっかりした布だったので、可愛いカゴになった。ベストの方は、カゴの蓋になるので、ゴタゴタしたものを見せたくないときには被せておける。

 

f:id:mwenge:20190110143527j:plain f:id:mwenge:20190110143504j:plain

f:id:mwenge:20190110150251j:plain


のれんは便利な目隠しとなる。部屋と部屋のパーティションであり、アクセントにもなる。無地ののれんは埃もついているので、取り替えることに。麻ののれんしか持っていないので、季節外れかもしれないが、トンボののれんと取り替える。少しは部屋の雰囲気が変わった。

 もともと暖簾には冬用の「暖簾」と夏用の「涼廉」があったという。店の暖簾は開店と閉店の合図。風呂屋や旅館などにも見られる。とても日本的な風情がある。

 

 

 


 

 

トートバックの内側を取りかえる

 断捨離の最中に処分したものに、アフリカで購入してきたアフリカン・シャツがある。綺麗に刺繍をしたシャツは捨てがたいが、日本ではほぼ着ることがない。アフリカやアフリカ人が集まる集会などでは着る機会があった。何枚もあるので処分をしたが、なんとなく捨てがたいものがある。何に利用できるだろうかと考えながら、処分しかないので、ゴミ袋に入れた。

 カバン類を整理している時に出てきたのが、下の写真にある牛の本革のトートバック。重宝してよく使っていたが、しばらく使わなく、しまいこんでいた。袋の中側がネトネトになり、使えなくなっている。中だけ替えれば使える。本革の手触りのいいバックなので、捨てがたい。一度は捨てた刺繍入りのアフリカ・シャツを取り出して、バックの中側に使ってみた。とても綺麗になり、バックの内側が復活した。しばらくトートバックを使うことにしよう。趣味でバック作りを楽しんできたことが生かされた。 

f:id:mwenge:20190108233303j:plain f:id:mwenge:20190108232932j:plain

 

久しぶりに筋トレのジムに行く。月初めなので体重や脂肪率など様々な測定をした。お正月はよく食べて過ごしたが、それほどに体重が増えていたわけでもなく、現状を維持していた。じわっと汗をかくほどのいい運動になった。