Mwenge Keikoのつれづれ日記

アフリカの人びとや文化の出会いを通して

7月11日 元ゼミ生とランチ とアブドゥーラ・イブラヒム

 もう7年も前に卒業したゼミ生が電話をかけてきてくれた。北大路ターミナルで出会った。二人のゼミ生と久しぶりにランチを食べながら、おしゃべりをした。一人は、この数ヶ月ヨーロッパを旅行してきたという。1ヶ月はマルタ島で語学学校に通い、フランス、イタリア、ドイツ、オランダ等など、13カ国を旅して、その中でもエストニアがとてもよかったという。確か、卒業と同時に歯科医院で働いたが、不当な労働条件だったので、退職し、のちに派遣で5年間、ある研究所につとめ、データ処理に携わったという。その間貯金を貯め、今回ヨーロッパを旅行してきて、新たな出発を願っているという。派遣会社に登録し、臨時の仕事などをしているが、そのうちに定職を見つけたいという。

 もう一人は、就職試験を受けとところで2年働いていたが、目指すところと少し違ったので、今はレンタル着物店で働いているという。海外からの旅行客が京都の街を着物を着て歩きたいという人たちへの着物の着付けなどをしているという。外国語を生かしていたり、着付けの資格をとったり、さらにはエステの資格をとって、仕事への意欲を湧かせているという。

 こうして大学で一緒に学んだことが、一つの励みになって、それぞれの人生設計を着実に実行している姿を見て、とても嬉しかった。

 その日は、元同僚にもバッタリと出会った。南アフリカ出身のジャズピアニストのアブドゥーラ・イブラヒムが京都の上賀茂神社にやってくるという。彼はすでに何度か上賀茂神社で演奏をした。とても京都のこの場所が好きなようだ。今年で85歳になる。ケープタウンで育ったが、アパルトヘイトが強化される中、人々への弾圧が強まった。彼は海外に亡命して、アメリカでデューク・エリントンに出会い、彼から認められて、ジャズピアニストとして、ダラー・ブラントとして音楽活動を始めた。のちに改名。

 私がアブドゥーラと初めて出会ったのは、1994年ケープタウンで暮らしていた時だ。日本料理店で出会った。日本大好きで、武道の心得もあるほどだ。ケープタウンで彼のコンサートに何度も出かけたことがある。美しいピアノの音色だけでなく、素晴らしいリズムと力強さに感動した。日本でも上賀茂神社での演奏を二度も聞いた。若い人たちと話しがしたいという彼の思いを受け止めて、京都精華大学で講演をしてもらった。南アフリカアパルトヘイトがどのようなものであったか、その中で彼が音楽活動をすることの意味を語った。

 9月に京都の上賀茂神社に来られるので、ぜひ彼のピアノ演奏を聴きに行こう。待ち遠しい。

 

f:id:mwenge:20190714232957j:plain

 

7日から9日まで韓国旅行に

 妹と二人で韓国旅行に出かけた。前の日に娘と孫が韓国に出かけているので、一日遅れで合流。孫は私たちが韓国に行くことを全く知らない。現地でびっくりさせる計画。7日は早朝5時10分に自宅を出発し、京都駅5時45分発のはるか1号で関空に向かった。飛行機は満席。チケットを予約した段階で、座席も予約しておいたので、全てスムーズに進んだ。日本でも出国手続きは機械化され、自分でパスポートと顔認証を行う。出国のスタンプが必要な人には別カウンターで行う。本人にとって、海外へ出かけた記録はパスポートに残らないが、全て機械化され、コンピュータの中に大量のデータが蓄積され、データも簡単に取り出せるシステムに変わった。

 トランプ大統領は、アメリカに入国する人のS N SのIDも入国の際に登録させると言っていたが、ここまでやると、個人がどのような思想や考え方をしている人かを簡単にチェックでき、何に反対し、何に賛成しているか、誰とつながっているのかまで調べることができる。情報化社会では、コンピュータ化は必要だが、注意も必要になる。消費傾向もわかるし、めんどくさいことだ。

 私の昔使っていたパスワードと今のメールアドレスを使って、私に奇妙なメールが海外から送られてきた。時間があったので読んでみた。もちろん身の覚えのないことだが、脅しと金銭の要求をしていることは明らか。つまらないことにいちいち反応する人がいるのだろうか。「オレオレ詐欺」と同じなのだろう。

 9時半の飛行機で韓国まで1時間半ほど。とても快適な空の旅。初めてリムジンバスで東大門の宿泊先のホテルの近くまで行く。いつもは鉄道列車を使い、ソウル駅まで行くのだが。

 娘と孫に合流。街をぶらぶら歩き、高速ターミナルのショッピングセンターで、あれこれ見て歩く。日曜日なので、ものすごい人が集まっていた。日本人も韓国人もほぼ同じ体型なので、洋服類は違和感がない。日本で売られているものも、多くは韓国から輸入しているのだろう。値段が安いので孫たちには、嬉しいことなのだろう。

 私は自分で作る服の参考にしたいと思いながら、ウィンドウショッピングをする。

 いつも感じることだが、韓国に来るたびに思うのは、街が明るく、綺麗に開発されていることだ。癒しの空間があちこちにあり、素晴らしい街づくりに感心する。

 翌日も、その次の日も街のあちこちを歩いた。一日、約24000歩も歩いている。東大門のすぐ近くにある、デザイナービルの内側は癒しの空間、別世界だった。韓国一のすたバックスのコーヒーショップは広いオシャレな空間だった。アメリカの人たちが仕事の合間のコーヒタイムのような立ち飲み文化とは違う。

f:id:mwenge:20190709103101j:plainf:id:mwenge:20190708104552j:plainf:id:mwenge:20190708095436j:plainf:id:mwenge:20190708152716j:plainf:id:mwenge:20190708105139j:plainf:id:mwenge:20190709125525j:plain

f:id:mwenge:20190709134109j:plain 国立博物館に行けてよかった。いくつかの博物館には行ったことがあったが、一堂に文化遺産を集めた博物館は素晴らしかった。

とても日本の文化と似ているところがあり、親近感を持った。日本は中国と朝鮮半島からの文化的に大きな影響があった。日本が植民地支配をしていた時代を示す様々なものがあった。植民地主義は世界のどの地域も同じで、文化を破壊したことが最も惜しまれる。

    韓国語の勉強もしなければと思う。ずいぶん前に、韓国からの留学生からしばらく韓国語を習っていた時期があるが、すっかり忘れてしまった。

6日 朝の散歩と筋トレジムに

 朝の散歩に賀茂川沿いを歩く。一斉に野の花が咲き乱れ、暑い夏の到来を告げる。シモツケソウ、ワルナスビ、ヒルザキツキミソウキンシバイヤブカンゾウタビラコヒメジョオンアカツメクサなど。

f:id:mwenge:20190706171536j:plain

これらの花たちとの出会いは、季節の移り変わりを感じ、こうして元気に歩けることへの感謝の気持ちがわく。

 午前中に筋トレジム・カーブスにいく。肩の筋肉が痛むが、筋トレをすることで多少は痛みが和らいだようだ。肩や腕を動かさなければ。

 午後からは、明日からの韓国旅行の準備。大して持っていくものはないので、気楽。

 雨が降らない梅雨で、蒸し暑いが、風があるので、なんとかしのげる。

5日 フランス語の授業

 お昼からフランス語の授業に出る。物語を読む。殺人鬼の話で、幽霊列車や骸骨やらが出てくるが、スリリングで面白い。半過去と複合過去を使った短い物語。

 同じクラスに出ている人は10人ばかりだ。お一人の人が、私と同じくフランス人の先生について勉強していたが、京都外大の生涯教育の講座にでるようになって、日本人の先生からしっかりとフランス語の文法が学べるので、フランス語がよくわかるようになったと言っていた。このクラスでは、何度も何度もテキストを音読する。こうしたことはフランス人の先生からは学ぶことはなかった。

 帰りに整体による。右肩が痛くて夜もよく眠れない。ここ数ヶ月、なかなか治らない。先生曰く、肩の筋肉が骨の中に食い込んで、機能していないという。かなり痛みがあったが、筋肉を引っ張りだしてくれたようだ。少しは楽になったが・・・・

f:id:mwenge:20190706160702j:plain 梅干し用の紫蘇を塩漬けした梅に漬け込む。すり鉢の中に紫蘇と塩を入れて、よく揉みこみ、紫蘇の灰汁をとる。2〜3回繰り返して、いよいよ梅の中に紫蘇を入れる。土用までに梅は赤く染まるだろう。それから土用干し。結構手間がいる。

 

 

 参議院選挙がいよいよ始まる。ツイッターFacebookで様々な情報が飛び交っている。先の沖縄知事選の時には、フェイクニュースが流れ、現知事の玉城デニーさんの選挙妨害があったという。若い人たちは携帯に流れてくるニュースを鵜呑みにする傾向にあるので、要注意だが、防ぎようがない。情報戦争のようなもので、しっかりとしたリテラシー能力を持たなければ、毒されてしまう。

 しかも安倍首相は先日の党首討論でも、制限時間を守らず、一方的に持論を展開した。議論をするどころか、早口で相手を負かさんとばかりに攻撃する。議論の論点をずらすし、すり替えるし、狡猾だ。多くの政党は、日本の経済の行く末を案じて、政策を論じている。だが、国会はそうした議論を避けてきた。議会制民主主義を踏みにじってきた。現実には、非正規雇用が増えて将来の生活設計が立たない若者が増えていて、それと年金の問題を議論している時に、安倍首相はアベノミックスが成功しているとしか言わない。雇用が増えているとしか言わない。どんな雇用形態か言わない。非正規雇用者が、雇い止めなどで、切り捨てられていく現状への理解はない。謙虚さが足りない。

 それでもメディアは自民党の圧勝を喧伝する。メディアのこうした誘導には疑問。嘘をつかない、誠実な議論、正確な状況説明を求めたい。

7月1日〜4日 あれやこれやの日常

 はや半年が過ぎてしまった。月曜日は午後からは筋トレジム。カーブスに行き、心地よい汗をかく。月初に計測がある。実年齢よりは10歳若いと言われて、超ご機嫌。日頃の努力の積み重ねの効果が出たのかと、喜ぶ。

 夜の7時からマンションの大規模修繕工事についての会議があった。今住んでいるマンションは築16年になる。途中で屋上だけの小規模の改修工事をしただけだったので、今年中には何としても修繕工事をするために、業者選びや何を修繕するのかを検討した。外壁が汚れて薄汚い。あちこちのひび割れも目立つ。自分の家の手入れだけなら、簡単に済むが、集合住宅なのでそうもいかない。いろんな意見を持った人たちがいる。

f:id:mwenge:20190705113643j:plain

  火曜日は朝の10時からお習字。書いた文字は「都邑華夏 東西二京」の前半。意味は都も村も花盛り。東西の二つの都というらしい。都とは洛陽と長安。邑という字は村と同じで、邨とも書くらしい。華という字が難しい。

バランスが取りにくい。長年書いてきた文字の書き癖のようなものがなかなか取れない。繰り返し練習をするしかないかもしれないが、お習字をしている時間は本当に心おだやかに文字と向かえるのがいい。

 水曜日:病院に行き、薬をもらう。ほぼ変わりがない。日頃、食事と運動とに気をつけているので、このまま続けるしかない。病院から歩いて家まで帰る。途中、コーヒータイムに行きつけの喫茶店に入る。少し苦味のあるコーヒだが爽やかな気分。

 夜から高二の孫に英語を教えに行く。なかなか難しいところを勉強している。冠詞の学習。私自身も最も理解できない部分で、よく迷う。英文の論文を描くときは、必ずネイティブの人にチェックをしてもらう。ネイディブの人でも迷うことがあるらしいので、会話の時にはあまり気にしていないが、外国人が日本語を上手に使っていても、時々助詞の使い方がおかしいこともある。その程度のことだが、日本の高校の英語の文法では、「正しい答え」でなければならない。教科書通りに教える。「どちらでもいいよ」という答えは絶対にしない。だが、言葉なんだから、いろんな表現があってもいいはずだが。。。。 

 木曜日。木綿の生地をたくさん持っている。つくづく眺めながら、何ができるか考える。インドネシアあたりで作られたバティックの布を取り出して、一つは寝間着(部屋着)を作る。もう一つは、スカートパンツ。それぞれに希望者がいて、作りがいがあった。洋裁用のボディを持っているので、それに服を着せてみる。型紙も取らずに、ボディに着せて、マチ針でとめて寸法をとる。

f:id:mwenge:20190705115942j:plainf:id:mwenge:20190705115953j:plain
 午後からはヘアーカットに行く。アメリカに出かける前にカットしたので、ちょうど2ヶ月ぶり。ついでに下鴨の家の掃除に立ち寄る。門には落ち葉や埃が溜まっていた。

 今朝、ベランダに咲いた2番手のパラを切った。紫陽花も花瓶に。 

f:id:mwenge:20190705120014j:plain 

6月30日 映画「新聞記者」を観る

 梅雨に入っているので、朝から雨が降っているが、それほどひどくはないので、お昼から映画「新聞記者」を観に行くことにした。京都Movixのあまり大きくない部屋だったので、私が行った時にはもうすでにいい席は埋まっていた。残り席は最前列の端っこだったので、とても見にくい席だった。

 東京新聞社に勤める望月衣塑子さんの『新聞記者』をベースにした映画だ。望月さんは、森友、加計学園の取材チームに参加し、前川文部科学省事務次官へのインタビューなどで勇気ある姿勢を示したことで知られる。とりわけ菅官房長官からは記者会見の場で、彼女の質問に対する嫌がらせを受けた。それは誰もがわかるように、安倍内閣府が一体となって、文書の改ざんや事務官の自殺などがあっても、黒を白と言い切ったことで、メディアへの弾圧と国会での無責任が答弁と、森友学園の籠池夫妻の拘留にいたった。まるで何もなかったかのように事態は過ぎている。

 こうした政治状況とメディアとの関わりを問う映画「新聞記者」が6月末に全国で封切りになった。すんなりと上映されるかどうか危ぶまれたが。。。

 映画は、総理大臣官邸における記者会見で鋭い質問をする女性記者が、記者クラブでも疎まれ、新聞社内でも厄介者扱いされる。そんな中、大学新設計画の極秘情報が匿名で送られてきた。彼女(シム・ウンギョン)は上司からその調査を任される。やがて内閣府の役人神崎が自殺をする。その妻はなぜ夫が自殺をしなければならなかったのかわからない。かつての彼の部下だった若手のエリート(松坂桃季)も神崎の自殺の背景に何かがあると思い、独自に調査を進める。

 そしてわかったことは、政府の巨大な陰謀があった。それを暴いていくサスペンス風の仕立てになっている。大学設立と生物兵器製造との関わりがあるという物騒な話が背景にあるが、しかし現実には、学問の発展が戦争と隣り合わせにある状況が明らかされる。これらの事実も隠蔽されていくのか、明らかにされるのかは今後の問題となるところで映画は終わる。とても緊迫した映画だった。

 映画館は満席だった。かなりの年配の人たちが関心を持ち映画館に足を運んでいた。

 G20サミットでも、何が議論され、何が議論されなかったのかはあまりメディアも公表しない。外国のメディアはG20サミットの問題点をはっきりと指摘する。安倍首相は、大きな成果があったかのようにジェスチャーしているが、これまで以上の進展はないようだ。

 むしろG20サミット後の、トランプ大統領のパフォーマンスで、板門店北朝鮮金正恩氏と南の韓国の大統領文在寅氏が出会い、1時間にも及ぶ会談を行ったという。G20サミット中は、日本の安倍首相は、全く韓国の大統領とは会談を持つこともなく、存在を無視し続けた。なんという安倍首相だろうかと思う。アメリカのトランプ大統領のパフォーマンスに踊らされてはいけないが、しかしトランプ大統領の描く「アメリカ・ファースト」の外交と国策を演じているが、日本は明確なビジョンがあるのだろうか。アメリカのいいなりになり、アメリカ追従の外交、政治を行おうとしているのではないのだろうかと思ってしまう。

f:id:mwenge:20190629171058j:plain

  私の気分転換に、部屋着=寝間着を作った。派手な布だが、暑さを吹っ飛ばしてくれるかな。胸元はゴムを入れて、絞っている。歳をとると、着やすい、脱ぎやすい服が何よりだ。残り切れで袋も作った。

   

 

G20 会議に

 ニュースを見ていると、G20サミットに向けての大阪での警備の物々しさに驚く。全国から警察官が呼び集められ、さまざまな訓練を受けたようだ。世界が仲良く議論できるような環境を作るのが大事だが、しかしアメリカのトランプ大統領のひどい行動と発言に世界中が振り回されているのが現状で、何が起こるかわからないのが現実だ。トランプ大統領のご機嫌ばかりとる日本政府の有りようが問題だ。だから現実には何が起こるかわからない不穏な状況があるのかもしれない。警察権力によって、国民の声や世界中の声を封じ込めようとするのだろうか。名目はどうであれ、公立学校を全て休校にしたり、町を歩く人たちを職務質問してまで、やらなければならないG20サミットとは何だろうか。

 大阪で今起こっている厳戒態勢は、外国からの賓客をもてなすと言う名目であれ、何か恐ろしさを感じる。

 九州や四国のあちこちで大雨が降り、災害をもたらしているという。京都はそれほど雨がひどくないが、湿度が高く不快指数は大。梅雨と台風のシーズンに突入。

 フランス語の予習をしている。コンピュータはキーボドを学習するようだ。アメリカにいる友人からトランプ大統領が日本に行ったので、日本での反応を聞いてきた。メッセンジャーでやり取りをしたのだが、トランプ氏の「人種差別者」「性差別者」が問題になった。友人は、「性差別者」などではなく「レイピスト」だと言った。女性の身体を暴力で犯しているのだと。日本には妻のメラニアは来ないで、娘のイヴァンカを連れてきた。23歳年下の妻のメラニア(49歳)は、レイピストのトランプ氏をどう思っているのだろうか。娘イヴァンカ(38歳)はどうだろうか。