Mwenge Keikoのつれづれ日記

アフリカの人びとや文化の出会いを通して

地震とカーブス 国会「予算委員会」で「裏ガネ」追求 パン作り

 14日(水)今日も春の陽気。ベランダのお花や木にしっかりと水やりをした。枯葉をとったり、雑草を引き抜いたりして、すごく静かな時間を過ごした。午後3時29分ごろに京都で地震が起きた。筋トレジム・カーブスに行こうと思って、玄関のドアーをあけようとした時だった。いつもよりは強く、長く感じた。震度は3程度だったが、怖かった。伏見区では震度4。また地震がくるかもしれないので、カーブスに行くのはやめようと思ったが、再度地震がくるようでもなかったので、出かけることにした。身体を動かすと、心まですっきりした。

 午前中は「衆議院予算委員会」の国会中継をみていた。終始、自民党議員の「裏ガネ問題」。岸田首相の答弁は同じことばかりを繰り返す。別の表現が許されないかのように、官僚が書いた文章を繰り返すだけ。甘利前幹事長が「35日間で3億8000万円もの政策活動費を受け取っている」と立憲民主党の井坂氏が指摘した。岸田首相は「適正」と答弁した。二階元幹事長は3年間で約3500万円の書籍代を支出している。「何を何冊購入したか」と追求した。岸田首相は、あいまいな返事しかしない。

 「報道1930」でも「裏ガネ」問題を取り上げられていた。他には少子化対策として一人当たり500円の増税だという。低所得者ほど負担が増す不公平な社会保険料制度になっていることを指摘。防衛費負担、膨らみ続ける日本の借金の問題もあり、経済政策は行き詰まっている。今日の委員会での議論は、むしろこちらの社会保険料などの問題を議論すべきだったが、「政治と裏ガネ」問題だけになってしまったと、今日のゲストの山井和則立憲民主党)氏が言った。

 

2日〜3日に1度はパンを焼いている。数年前に購入したパン焼き器はよく働いてくれる。コロナ禍の中ピザ生地もよく作った。ほぼ一週間単位で買い出しをし、自宅で三度の食事をする生活になったので、パンは毎日欠かせない。ある時にパンがうまくできなかったことがあった。理由がわからなかったが、再び同じ間違いをして気がついた。薄力粉と強力粉を間違って使っていた。いつもは別々のところにおいてあるのに、ちょうど強力粉を切らしていた。よく見ないで新しい粉袋を開けたのがいけなかった。朝6時半に出来上がるように設定して、夜にスイッチを押す。朝になると、部屋じゅうに美味しそうなパンの匂いがする。

朝の散歩上賀茂神社  自民党「派閥裏金」問題は?

13日(火)今日も暖かい春の陽気だった。午前中は河原をくだり、御園橋まで10分ほど歩き、近くのスーパーに買い物にでかけた。帰りは上賀茂神社の中を通った。数年前に御園橋が拡張され、上賀茂神社の前の広場が改修され、新しい鳥居がたった。以前はバス停とお漬物やさんやおはぎ屋さんがあったが、立ち退きとなった。有名なお漬物やさんは、ここでの店を閉められた。おはぎ屋さんはすぐそばで新しいお店を開いた。以前はどこに上賀茂神社があるのかはわかりづらかったが、いまでは、堂々と神社を主張し、多くの観光客をひきつけている。神社の裏手に抜ける道に椿の木に蕾がいっぱいついていた。クロガネモチの木には赤い実が鈴なりだった。

         

 「報道1930」は、自民党「派閥裏金」アンケート・ヒヤリングの結果について討論。論者は、自民党選挙対策副委員長の牧原秀樹氏、立憲民主党代表代行逢坂誠二氏、ジャーナリストの田崎史郎氏。自民党のすべての国会議員374人と選挙区支部長に対して行われたアンケート結果が国会に今日提出された。アンケートでは、質問項目はたったの2項目だけ。1問は、政治資金パーティに関して、収入の記載漏れがありましたか、ありませんでしたか。2問は、「あった」に○をされた場合、過去5年間の記載漏れ金額をご記入ください。こんなアンケートで何がわかるのか。岸田首相は本腰を入れてここにメスを入れるつもりはなく、使途非公開を貫き、政党助成金と「二重取り」と指摘されても不思議ではないと議論。今後この「裏金」問題はどうなるか議論があった。聞き取りの内容から、どんな課題があったかを明らかにするよう野党は求めている。だが、「裏金」作りに関与した本人たち(安倍派5人衆と言われる人たちら)は、「政治倫理審査会」に出たくないと言っている。彼らの意思が尊重されるそうだ。これでは、いつまで経ってもラチがあかない。

 NHK世論調査2月では、岸田内閣を「支持する」と答えた人は25%、「支持しない」は58%。さあ、さあどうなる、岸田政権!

京都植物園100周年に 「報道1930」に

12日(月)午前中、散歩に京都府立植物園にでかけた。植物園は、公立総合植物園としては日本初で、開園100周年にあたる。ちょうど梅が咲き始めていた。かなり広い梅林なので、これからしばらく楽しめそうだ。久しぶりに観覧温室に入った。世界中から集められた植物が4,500種もあり、日本最大級の温室だそうだ。今回は、洋ランがたくさん展示されていた。どのランも繊細で豪華で、バラエティに富んだ形と色にしばらく、ひきつけられた。3連休の3日目で多くの人たちが植物園にきていた。とても暖かく、春を感じられた。

          

         

 午後からは、しばらくお休みしていたフランス小説を読み進んだ。371ページのうち、あと90ページほど残っているので、なんとか読み終えたいと思っているが、私が読んできた文学作品などとは随分と違う。フランス語の表現の仕方を学んでいるとわりきればいいのかもしれないが、作品の展開にずっと不満をもっている。

 「報道1930」を観たり、聞いたりしながら、他のことをしていた。今日の報道は、トランプ氏とプーティン氏が「つながっている」、「つながる」のではないかという懸念。トランプ氏が次期アメリカ大統領になったら、ウクライナ 支援はなくなり、アメリカはNATOから脱退して、ロシア側に味方するというもの。仮定の話ではあるが、すでに元トランプ氏の側近だった人がプーチン大統領と会見をし、もしトランプ大統領が誕生すれば、プーチン氏を支援することになるという。アメリカ政治の研究者である、明海大学教授の小谷哲夫氏はこう言った。トランプ氏の指示で元側近がプーチン氏と会見したわけではないが、トランプ氏はその会見を利用して大統領選で優位にたちたいと。トランプ氏の、無節操で、なりふり構わず、煽動的な言動で傲慢に権力を振る態度に恐ろしさを感じた。

 他には、ウクライナ 軍のザルジニー総司令官がゼレンスキー大統領に「解任」されたことが議論になった。今後のウクライナ がどうなっていくのか、ウクライナ の現在の動揺が見え隠れしていると議論。NATO側の支援疲れもあると。イスラエルパレスチナとの戦いについてもそうだが、「停戦」とか「和平」という選択肢が見えないのはなぜだろうかと思う。

メリル・ストリープの映画を観る ワールドニュースから

 机の上にあるコンピュータの前に一日中座っていた。Netflixで「プラダを着た悪魔」をみた。以前にみたことがあるように思うが、メリル・ストリープはいつみても格好いい。「クレイマー、クレイマー」「ソフィーの選択」「恋におちて」「愛と悲しみの果て」「激流」「マディソン郡の橋」「マンマ・ミーア!」「マーガレット・サッチャー鉄の女の涙」「31年目の夫婦げんか」等などに出演していたメリル・ストリープ主演の映画作品をみてきた。その時代その時代の「格好いい」主体的に生きる女性を演じていた。ときどき私のFacebookに現れるメリル・ストリープは過去と現在の写真を載せているのだが、いい歳のとりかたをしている。「人はありのままでいいのだ」と。2017年のゴールデン・グローブ賞の授賞式で、メリル・ストリープは、名こそ出さないがトランプ大統領が「障害のある記者を真似て嘲笑した」ことを痛烈に批判した。「他人への侮辱は、さらなる侮辱を呼びます。暴力は暴力を扇動します。そして権力者が立場を利用して他人をいたぶると、それは私たち全員の敗北です」と言ったという。トランプ前大統領は、また大統領選挙に出ようというが、人権感覚のまったくない人が国家権力を持つとどうなるか、多くは知っている。だが、それを許容するアメリカ社会は、どうなっているのだろうか。

 次期戦闘機の輸出解禁問題で自民党公明党の間で不協和音が聞こえてくる。ウクライナ ではロシアがウクライナ 側に打ち込んだドローンを解体して、どういう機能があるのか解析していることがワールドニュースで報道されていた。日本製のカメラが設置されていることを明らかにしていた。すでに日本製のものが「武器」として使用されている。なし崩し的にすでに、「戦闘機」の輸出は行われている。だが、自民党政府はおっぴらに「戦闘機の輸出解禁」しようとしている。連立を組む公明党はこの「解禁」には慎重な姿勢を示している。自民党政権がこの件で急ぐのは背後にアメリカからの要請でもあるのだろうか。でなければ、岸田首相が今月内に解禁容認の結論を急ごうとするのは何故だろうか。

ホームページ作成 筋トレジム・カーブスと植物園 小澤征爾さん

9日(金)一応、アフリカ文学研究会のホームページを完成させた。まだまだ十分ではないが、文字化けを直したのと、リンクをはることができた。あとはすこしずつ微調整しながら、少なくとも記事を書き込めるようにしたい。

  1ヶ月ぶりに筋トレジム・カーブスにでかけた。身体のあちこちの筋肉を使った運動をして、とても気持ちが晴れやかになった。すこし健康への自信力がついた。カーブスの前にある植物園の中を歩いた。椿が咲いているかと思いながら、北山通り側の椿園のなかをゆっくりと散歩。紅侘助だけが咲いていた。写真左側のサザンカはまだまだ満開だった。冬の時期に可憐に咲いている花たちを見ると、嬉しくなる。

 今日、小澤征爾さんが2月6日に88歳で亡くなられたことが報じられた。もう40年以上も前、小澤征爾さんが京都会館で公演された時にまだ小学生だった娘をつれて行った。娘はピアノを習っていて、先生から子供の頃から本物の音楽に接する機会をつくりなさい。静かに聞くという態度も大事だと言われた。娘も私も小澤征爾さんが指揮する素晴らしい音楽に惹き込まれたことだけは記憶にある。「報道ステーション」では、小澤征爾さんが2004年や2013年、2022年車椅子で指揮棒をふる様子を放映していた。後進を育て、音楽を愛した小澤征爾さんがこの世を去った。

ホームページ作り 「政治とカネ」の問題を解決する気はあるのか

8日(木)昨日から、アフリカ文学研究会のホームページを作り直している。どう作ったのか、すっかり忘れてしまった。いろいろと触っているうちになんとなく、記憶が蘇り、テキストエディタが必要なこと、これまでmi というエディタで書いていたことを思い出した。ファイルをダウンロードして、書き始めた。画面上ではまったく問題がないのに、ウェブサイト上にあげると、日本語が文字化けしている。なぜ文字化けするのかがわからない。箱の中に入れた文字はうまく乗っかっているので、そうしようかと思うが、少しめんどくさくなっている。命令言語で、きちっと <html lang="jp">書いたのに、どうしてだろうか。4月から容量の大きなホームページを閉じて、会員特典のホームページに移行するのが目的なので、どうしてもやり遂げなければならない。細かな作業はいやではない。

 国会では毎日、毎日自民党の「政治とカネ」の問題が取り上げられている。盛山文科大臣は旧統一教会との関わりを聞かれ、「記憶にない」「うすうす思い出してきた」「正直覚えてない」「サインしたかも」「軽率にサインした」といろいろと答弁がゆらぐ。今日は午前中の答弁でも、「記憶にございません」を10連発以上も繰り返した。岸田首相は、こうした無責任な発言を許している。ほんとうに「記憶にない」というなら、政治家としては失格。岸田首相にも、盛山文科大臣にも、本当にがっかりする。

 東京では大雪が続いたことで、交通が大混乱したことが報道された。関東周辺に住む人びとにどれほど被害があったかも伝わってくる。関東だけではない、日本のあちこちで、毎年同じニュースが繰り返される。対策がまったく伝わってこない。なぜ対策をしないのか、不思議でたまらない。莫大な税金を辺野古埋め立てに使うのに、国民の日常を守るための道路整備や、生活支援を疎かにしていいんだろうか。「政治とカネ」の問題は早く決着をつけて、総辞職をして、国民のほうに目をむけるときがきた。

お習字  知人を訪問 「政治とカネ」は?

 6日(火)午後からはお習字の教室に出かけた。「貽厥嘉猷(イケツカユウ)勉其祗植(ベンキシショク)」の後半部を書いた。意味は「(よい考えを子孫に残す) ただそのために慎み深く勉める」。なかなか難しい漢字をバランスよく、うまく書けないが、心を込めて書くだけでも心が落ち着く。

 90歳になる知人にお花を持って、訪ねていった。昨年サービス付高齢者住宅に越していかれた。娘さんの話では、ご自分からサ高住に移られたが、家に帰りたいとよくいうらしい。私は何度か訪ねているが、「ゆっくり過ごしている。ありがたい」とおっしゃる。本心はわからないが、小さな台所やお風呂などもあり、自立的な日常生活をお一人でこなしている。それまでは、いつもいろんな人たちが集まってきて、いつも手作りのお料理でもてなしてくださっていた。長年女性たちのリーダー的な存在だった。今日もそうした心遣いに感謝していることを伝えた。知り合って30年ほどになるが、一緒にいろんなことを考え、行動をし、たのしく時間を過ごした。あっという間のことだった。

 今日もまた、「政治とカネ」の問題が衆議院予算委員会で追及されているが、岸田首相の答弁はもうひとつはっきりしない。会計報告書の修正だけでは済まされず、「課税のがれ」の疑いが浮上している。そして盛山文科大臣と、旧統一教会関連団体との関連を示す写真が暴露された。盛山大臣は苦しい言い逃れをして、「記憶にない」「依頼したことはない」と言い続ける。これらはすべて、安倍晋三氏がなくなったことによって明らかになった事実だ。だとすれば、安倍政権時代には、ずっと慣例としてやってきたことが今明らかになりつつあるのではないかと思う。「モリカケ問題」も、「桜を見る会」の問題も同時に明らかにしなければいけないと思う。誰もがおかしいと思いながらも、公文書を改竄してまで、つじつま合わせをしてきたことも、やがて明らかになることを期待したい。