Mwenge Keikoのつれづれ日記

アフリカの人びとや文化の出会いを通して

高校の同窓会と母の日のプレゼント

5月15日、高校の同窓会が神戸で開催された。私は高校時代に放送委員会に所属していた。そのメンバーは折につけ集まり、おしゃべりを楽しんでいる。メンバー15人中、連絡が取れなくなった人と集まりがお嫌いな人が一人いて、13人はよく集まる。旅行に行ったり、神戸に出張してくる機会や、親の家に帰ってくる際に声がかかり、集まる。

 今回の同窓会では、放送委員会の女子会5人は参加せず独自の行動をとることにした。同窓会に出ている6人は終わり次第、元町で合流することにしていた。私たち5名は、朝10時半に神戸駅で集合し、そこからハーバーランドメリケン波止場を散策した。お天気が良く、遠く明石大橋が見えたり、六甲山が緑に萌えていた。神戸港巡りをした。わずか45分のクルーズで、川崎重工三菱重工の造船所などがよく見えた。同窓会場と成っているポートアイランドにある神戸空港の近くのウェデイング会場が船から見えていた。海側から見る六甲の山並みや新しくなったビルなどが、一層美しく見えた。23年前に神戸を直撃した地震で、神戸の港は岸壁が崩れ、その惨事の大きさがわかる場所を記憶のために残している場所がある。そのところを通りながら、地震の大きさを改めて感じた。神戸の街が美しくなっているのは、地震からの復興だと改めた感じた。

 

f:id:mwenge:20180515115208j:plain

 神戸の海を見るたびに、ケープタウンを思い出す。よく似た港町だからだ。人々の往来、人々の生活が織りなす港町独特の雰囲気は、懐かしい故郷だ。神戸では格式の高い有名なオリエンタル・ホテルでイタリアン料理をいただいた。予約していたので、別室が用意されていて、神戸の街を見ながら楽しいお食事ができた。それぞれが家族の問題を抱えながらも、元気で暮らしている様子がそれぞれから伝わってきた。

 二次会は元町にあるにしむら珈琲でお茶をした。延々とおしゃべりが続き、楽しいひとときで会った。遠方は千葉市岡崎市から2人、京都と大阪からの2名を除いては7人が神戸に在住している。今回横浜に住む人と、埼玉に住む人が参加できなかった。

誰もが元気で楽しく暮らしていることが何よりだと思った。誰もが高校時代の頃を思い出していた。

 私がこうして神戸に来ている間に、娘が母の日のプレゼントを我が家に持ってきてくれていた。赤と黄色のバラが花瓶に生けられていた。ありがとう。

f:id:mwenge:20180516080043j:plain