読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mwenge Keikoのつれづれ日記

アフリカの人びとや文化の出会いを通して

母のところへ

 今日は朝早くから家を出て、母のところに行く。なんだかこの頃は電車に乗るとウトウトと居眠りをする。地下鉄で烏丸四条まで行き、阪急で三宮まで行く予定だった。烏丸四条の手前の烏丸御池で次だから、降りなければと意識していたのに、ウトウトとしていたために、気がついたら、京都駅まで来ていた。仕方がないので、JRで三宮まで行くことにした。またウトウトしていて、三宮で慌てて降りる。時間的にはJRの方が乗り換えがないので、少しだけ早いが、料金が大きく異なる。JRの方が圧倒的に高い。明石まで行くには、格安チケットを買っていたので、往復で1000円ほど違う。これは塵も積もれば山となる。JRと阪急ではものすごく差がある。

 三宮から神戸市の地下鉄に乗り、西神南まで行く。ケアハウスの送迎バスの時間まで20分もある。歩いても15分で行けるので、バスを待つよりは歩いていく。

最初のところで躓いたので、予定時間が少しずれてしまった。車生活の時には、バスや地下鉄やJR、私鉄などの時間などを気にすることはなかったが、「敬老パス」で京都市内の市バス、地下鉄は、ほんのわずかな年間費用を支払えば、便利に乗り継ぐことができる。とても役に立っている。バスの時間に合わせて行動をするようになった。

 母はちょうどお風呂に入れてもらっていて、部屋にいなかった。しばらくしてとても明るい顔をして、部屋に帰ってきた。お風呂は気持ちが良いし、血行をよくする。1時間ほど休憩してから、食事をとる。ほぼ8割がた食べたが、口を少ししか開けないので、1時間以上もかかった。しっかりと食べなければいけないと思ってくれているのなら、とても嬉しい。

 帰りは阪急で帰ったのだが、またウトウトしていて、十三で阪急河原町行きに乗り換えるのに、慌てた。よっぽど疲れているのかと思った。