読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mwenge Keikoのつれづれ日記

アフリカの人びとや文化の出会いを通して

月命日と疲労困憊

毎朝、空気が冷たい。行動が鈍るのはしかたがないとしても、毎日がこんなに寒いと体が縮んでしまう。

毎月5日は義母の月命日なので、お寺のお坊さんがお経をあげにくる。すっかり忘れていたので、お坊さんがこられた時には家のいなかった。そこで今日に来てもらうことになった。朝からご飯をたき、お坊さんが来られるのをまった。

 お経はいつも聞きながら、文字を目で追う。だけどもなかなかついていくのは難しい。声を出して読むのはなおさら。

 お昼寝の習慣はないが、あまりにも疲れていて、何事にも集中ができずにいたので、小一時間ほどベッドに入って寝る。目をさますと、頭がすっきりした。

 トランプ大統領はツイッターでいろいろとつぶやいているが、言葉の暴力を振りまいているようにしか思わない。私はあまりツイッターをしないし、あまり見ない。身始めると、どんどんいろんな情報が流れていく。一つ一つに反応しようとすれば、十分に考える間も無く、思わずのつぶやきになる。何を以前に書いたのかも忘れてしまうほどの個人的つぶやきにしかすぎない。

 国を代表する大統領がなぜツイッターのようなもので暴言を吐くのだろうか。メディアを徹底的に敵視し、自分のツイッターの発信だけが正しいとするのはどうだろうか。あまりにも、無責任すぎる。「アメリカ第一」主義を掲げ、中東、アフリカ7カ国の人々をアメリカに入国させない。これは国交断絶宣言にも等しいのではないか。この問題は法廷闘争に持ち込まれたが、その是非を問う世論調査を発表するメディアの報道はすべて虚偽だとトランプ大統領はツイッターで暴言を吐く。

 トランプ大統領は、世界のリーダーと仲良くするために、ゴルフをするという。民衆無視の政治も甚だしい。それにのっかる安倍首相もどうかと思う。ゴルフをしながら、国家の大事な問題が議論できるのだろうか。正々堂々とメディアのカメラの前で、対等に議論してほしい。