読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mwenge Keikoのつれづれ日記

アフリカの人びとや文化の出会いを通して

シクラメンを買う

 12月6日(日)、朝の散歩の代わりに、国際会議場の近くにある花屋さんに出かけることにした。京都産大まで市バスで行き、そこから地球環境研究所、京都精華大学の横を通り、国際会議場まで歩く。およそ50分。

 途中京都学生駅伝に出くわした。京都と滋賀の大学10校が参加し、この北山を3周する。アップダウンが厳しい狐坂や京都産大への急な坂道など困難なルートがある。駅伝はチームワークなので、難しい競技だと思う。沿道には駅伝に出場していない部活のメンバーが応援しているが、数は1人か2、3人という寂しいものだった。私も立ち止まってしばし応援したものの、走っている選手たちには孤独な闘いだっただろう。必死でがんばる若い人たちの姿はさわやかだった。

f:id:mwenge:20151216105318j:plain

地下鉄の駅、国際会議場のお隣にいつも行く園芸店六基グリーンがある。 今日のおめあては、ここでシクラメンを買うことだった。ベランダの鉢植えを植え替えるためだ。夏の間、暑さにも強いベゴニアを長い間楽しんできた。昨年植えていたシクラメンが葉っぱを出し始めてきたので、ベゴニアの後にすこし買い足そうと思った。 

f:id:mwenge:20151216171550j:plain f:id:mwenge:20151216171558j:plain

土いじりをしていると、心がほころぶ。ゆったりした気分でお花を向き合える至福の時間が持てる。

f:id:mwenge:20151216173037j:plain f:id:mwenge:20151216173058j:plain

 カニサボテンは昨年のもので室内で咲き始めた。