読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mwenge Keikoのつれづれ日記

アフリカの人びとや文化の出会いを通して

暑さ対策に拭き掃除とパン作り

暑さが和らぎ、朝晩クーラーなしの生活ができるようになった。この夏の電気代の請求書をみて、怒りが爆発する。電力会社は原発を動かさないでも一般市民から電気料金を値上げして徴収する。川内原発の近くで桜島がいつ噴火するかとヒヤヒヤしているのに、川内原発は住民にしっかりとした避難訓練や避難経路も示さず、原発を再稼働した。経済優先、住民の平和と安全は二の次、三の次。ア〜〜ア〜〜

 5〜6年前に買ったシャープの自動掃除機「Cocorobo』はこの夏、働くのを拒否し、涼しくなってから3日間働いたと思ったら、いままた休暇をとり、あらゆる命令を拒否し、まったく動かない。充電器にへばりついているが、充電しない。どうゆうこと?何度か修理にもだしたが問題なし。

 このCocorobo』はあてにならないので、数年前に買った日立の掃除機はコードレスで、先に電気がつき暗い所でも簡単にゴミを吸い取る。何よりも少し押すだけで、自在に場所を移動してくれるのはいい。

 掃除は、掃除機だけに頼るわけにはいかない。棚やテーブルの上、窓の桟などはぞうきんかけをしないといけない。少し汗を流しても、フローリングの床はぞうきんがけをこまめにすることで、結構部屋の中で涼しく暮らせる。汗をかいた素足であちこち歩き回った床の上は、結構身体からでた汗や油がこびりついている。それらを掃除機は拭き取ってくれない。テレビを観ていると、ぞうきんがけをしてくれる自動掃除機があることを宣伝していた。びっくり。

 私は電化掃除機も使うが、もっとも大昔から愛用しているのは、棕櫚の長帚。台所の横の壁にかけてある。いつでも取り出せ、すばやくゴミを掃き出せる。そのあと拭き掃除をすればいい。昔の人の知恵が最高かもしれない。

   f:id:mwenge:20150821085903j:plain  f:id:mwenge:20150821085911j:plain f:id:mwenge:20150821085919j:plain

 

朝食にパン作り。生活時間がたっぷりできたために、最近ではずっとホームベイカリーでパンを焼いている。寝る前に仕掛けておくと、朝に出来上がっている。外側がカリカリして中がふんわりのフランスパン風。強力粉250g。塩5g、バター10g。水220cc。イースト3g。極めてシンプルなパンだけど、焼きたてを食べるだけで、ごちそう。

   f:id:mwenge:20150821085930j:plain f:id:mwenge:20150821085941j:plain