読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mwenge Keikoのつれづれ日記

アフリカの人びとや文化の出会いを通して

9月16日 台風に襲われる

 朝早く、娘の電話で起こされる。台風18号の影響で、京都で大雨特別警報がでたので、心配してのことだった。いち早く携帯電話のメールに京都市災害対策本部から警報を知らせてきていた。目の前の鴨川はこれまで見たことがないほど、水位があがり、雨風が強い。中州などの休む場を失ったサギやカモなどは土手に集まっている。

テレビでは桂川の水位があがり、嵐山の渡月橋も水没しそうな勢いだと報道。
あちこちで交通機関がストップしているとのこと。サイレンを鳴らしながら走る車が、緊急事態の発生を知らせる。これまでにないほど、あちこちで被害がでているとのこと。
 台風には慣れているはずだが、河川の氾濫、土砂崩れなどによる水害がひどくなる一方だ。単なる自然災害で済ませられないようにも思う。
 雨風がやみ、鴨川の上流の水位はさがってきたが、下流や桂川と合流する地域では多くの家が浸水し、道路に水が溢れている光景がテレビで報道されている。交通機関の混乱も想像以上で、旅行計画をしていた人たちはやむなく中止したとの報道がつづく。
 神戸に住む友人からメールと電話で安否を尋ねてくれる。