Mwenge Keikoのつれづれ日記

アフリカの人びとや文化の出会いを通して

2018-02-27から1日間の記事一覧

習字とフランス語と筋トレジムと花たち

2月20日、月二回の習字の日。前の文字につづいて、「去而益詠」を書いた。「存以甘棠」につづく言葉で、偉大な施政者は木の下で民の声を聞いたように甘棠の木をもってその偉大さを図り、その偉大な施政者の死後もその木の下で、その徳を偲ぶという意味。…

眼科を訪れる

ここ一週間があっという間にすぎた。何度も同じことを書いているような気がするが、本当にコンピュータの前に座る時間すらなかった。特に何をどうしたということではないが、時間が限りなくあっという間にすぎてしまう。 2月21日、朝眼科に行った。最近、…