Mwenge Keikoのつれづれ日記

アフリカの人びとや文化の出会いを通して

10月20日 ウォーレ・ショインカさんの講演

10月20日、京都精華大学でノーベル文学賞の受賞者ウォーレ・ショインカさんが講演をした。朝日新聞社主催の行事だったが、今京都精華大学の学長ウスビ・サコさんはアフリカのマリ出身で日本で初のアフリカ人学長なので、この催しが実現した。 まずショインカ…

きょうだいが集う

10月15日。夫の77歳の誕生日会に、夫の女きょうだい3人とそのお連れ合い2人、私の妹がやってきた。総勢8人のシニアたちが久しぶりに顔を合わせた。義父母がいた頃はお正月に我が家にやってきた。義母が亡くなってからは、きょうだいが集まることは法事のと…

今日も用がある

10月8日、水彩画教室。インドネシアの歴史的建造物と周囲の風景を写真を見ながら描く。とても細かな建築物なので、うまくかけない。先生の彩色の作り方や、塗り方を手本にするが、とても難しい。作品が出来上がって行く過程を楽しもうと思う。 10月9日、書…

コンピューターのいたずら

コンピューターは一度ごねると、なかなかゆうことを聞かなくなる。何度も何度も同じメッセージに苦しめられることがある。世の中には同じ問題で苦労している人がいるので、ネット検索すれば、必ずその解決策を提示している。 はてなブログがトラブルに巻き込…

沖縄県知事選挙で玉城さんが当選

9月30日、大型台風24号のために大幅に予定を変更せざるをえなくなった。新幹線もストップ、関西大手の私鉄もストップ、京都では午後5時から市バスが全線で運休になった。台風は先の21号と比べて、全く台風の影響はなかった。テレビではあちこちで警…

安倍政権が「安泰」な理由がわからない

自民党総裁選の最後の演説を、安倍首相は秋葉原を選んだ。自分の取り巻きや熱狂的ファンの異常なコールに酔いしれているかのようだった。しかし、動員をかけられて、集まってきた自民党員たちが哀れに見えた。何もかも作り上げられた異常な世界。 その前日の…

9月15日 植物園を散歩する

朝は小雨だったが、久しぶりに植物園を散歩した。植物園のあちこちで、木が倒れていたり、枝が折れて無残な姿で大木から垂れ下がっていたり、痛々しい光景が見られた。あちこちで立ち入り禁止になっていて、先の台風の大きさを物語る。 小さな花たちも風雨に…

掃除はいい運動になる

白内障の手術をして、近くのものがよく見えるようになった。すると気になることが増えた。白いものは綺麗な白に見えるので、そこにゴミやほこりが付いているとすごく気になる。これまでやり過ごしてきた掃除の手抜きが目に余る。気がつくと雑巾を片手に持っ…

台風の爪痕その2

今度の台風は近畿地区に大きな爪痕を残した。日が経つにつれ、その被害の大きさが明らかになっている。そんな矢先に北海道で大きな地震があった。電気、ガス、水のライフラインが切断され、未だに生活が成り立たないでいるところが多くある。実際に京都の街…

台風の爪痕

台風一過というが、まさに台風が過ぎ去ると数時間前に起ったことが、嘘のように思える。だが、テレビのニュースで次々とあちこちで起こったことが放映されると、今回の台風の規模は凄まじいものだった。京都では下鴨神社では何本もの大木が倒された。平野神…

9月4日台風関西直撃

9月4日午後から台風が関西を直撃した。神戸に上陸し、大阪、京都で大きな被害が出た。あちこちでの被害状況はなかなかわからない。うちではテレビのアンテナがどうにかなったのか、デジタル放送は映らなくなった。iPadでテレビ・ライブを見ていたら、関空が…

またもや白内障

28日、もう一方の白内障の手術をした。一週間前に右目を手術をしていたので、あまり緊張はなかった。翌日に眼帯をとったときには、白いはっきりした世界を両目で見ることができた。これでしばらくはメガネなしで暮らせそうだ。 病院食はシンプルだがカロリ…

白内障の手術後

メガネなしの生活がはじまった。何十年ぶりのメガネなし。若いころは流行りたてのハードのコンタクトレンズをしていた。いろんなエピソードがある。試験当日、電車のなかでコンタクトレンズがずれて、落とした。探す時間がなくあきらめた。家のなかでもなん…

白内障の手術

20日午後に白内障の手術をした。友人や妹も最近に白内障の手術をして、見える世界が全く違うと言っていたが、その通りだった。こればかりは自分で経験しなければ、全くわからない。手術そのものは、20分ほどであっという間に終わった。眼帯をして、部屋…

暑い最中の韓国旅行

日本ではお盆のお休みを楽しみにしている人が多い。国内や国外への「民族大移動」が始まる。私は、退職しているので、とりわけこのような大忙しの時期に旅行をする必要がないのだが、娘と二人の孫娘との予定に合わせて、この「忙しい時期に」韓国へでかけた…

お墓まいり

11日、「山の日」の祝日。2016年8月から実施されているようだが、私は全く今日が国民の祝日だとは思わなかった。すでに子供たちは夏休みに入っているので、今日の「山の日」の祝日が特別の日ではない。私にとってもお盆直前の祝日なので、ただ連休が増え…

日本ボクシング協会の会長

日本ボクシング連盟会長は、自分が忖度されたり、頂点に祭り上げられていることに気づかない。それは日頃から、暴力的な発言で下のものを、気に入らないものを排除もしくは、潰してきたからだ。権力によって支配をしてきたことに気づいていない。さらに、自…

この暑さを乗りきるためにプールで泳ぐ

あまりの暑さにプール通いを再開した。最近では水彩画教室に通うときについでにプールで泳ぎ始めた。この暑さでは水の中に使っているしかないと思い、プールにこの3日間通った。土曜と日曜日は家族、特に子供が参加できるので、親子連れが目立つ。子供たち…

女性を締め出す社会 東京医大の入試判定で

東京医科大学が入学試験から女子学生を締め出していたという。その理由として、女性が医者になった場合、子育てや家庭生活があり、緊急の呼び出しに応じられないので、勤務医にできないと説明された。男性医者なら、家庭生活を犠牲にしてもいいということな…

あじさいの切り戻し

あじさいの花が終わり、新芽から葉っぱがでてきている。緑色の葉っぱは元気をもらうので、しばらくそのままで楽しむことに。ただ、花を咲かせて喜ばせてくれたことに対してお礼の肥やしを土のなかにいれる。来年も花がさきますようにと祈りをこめて。同時に…

ようやく涼しい風が吹き始めた

夏の暑さには慣れているとはいえ、この1週間ばかりはうだるような暑さだった。日本中のどこも同じで、記録的だった。人間の体温をはるかに上回る暑さにはほとほと参った。風が吹かずに、暑さだけがずっと居座っているようだった。台風がきて、また各地に酷…

バラの花がちいさくなった

ベランダに3本のバラの植木がある。5月には綺麗に咲いていたが、やがて葉っぱが枯れたので、しばらく様子を観察していたが、虫にやられたわけでもなさそうだった。すべての枯れた葉っぱをとった。6月にバラの木を鉢からとりだして、新しい土を入れて植え…

安倍政権が「安泰」な理由がわからない

毎日、早くも安倍政権の継続を宣伝し続ける。メディアもなぜ安倍政権をよしとするのかもよくわかない。森友問題、加計問題でも疑惑が残ったままでも、安倍首相も「誠意を持って質疑に答えた」と嘯いても、スルーしてしまう。またははぐらかしの答弁でも許し…

水彩画とプール

7月のスケッチ教室は、「大人の小学校」で16日の祝日に開かれた。最後まで仕上げて、先生にみてもらった。 薄く塗って細部をごまかしているが、観察力と細部を書き込む努力が必要だと思う。書くことを楽しんでいるので、よしとしよう。 この「大人の小学…

猛暑の連日

暑い、暑いとつい声になる。誰もが暑いのはわかっているのだから、この暑さを乗り越えなければ。それにしても、猛暑で多くの方が亡くなっていく。こんな時代はこれまであっただろうか。家中冷房を入れて、静かに暮らしているが、電気代を考えれば、ぞっとす…

ワールドカップはフランスが優勝

ワールドカップの決勝戦が7月16日午前0時45分からあった。とても見ごたえのある試合だった。クロアチアは果敢に攻めていたが、どうしてもゴールにつながらなかった。フランスは運がよかったのかもしれない。パス回しや、相手のボールを取りに行く瞬時…

紗の着物地で洋服を

上賀茂神社の手作り市は月末の日曜日に開催される。時々時間があるときには覗いている。それぞれが手作りで作ったものを売りに来る。アイディアやそれぞれの思いがこもったものが多いので、見ていて楽しい。呉服屋のおじさんが、趣味で反物を売りに来ていた…

7月13日祇園祭りの始まり

一週間があっという間に過ぎてしまう。この暑さの中で西日本豪雨で被災した人たちのご苦労は計り知れない。水のない暮らしがこの暑さの中でどんなに大変か想像を超える。ようやく水道から水が出てきて、多くの人たちがホッとしたと報道されていたが、それで…

7月8日、朝の散歩

日曜日の朝、賀茂川沿いから植物園を散歩した。賀茂川の御園橋は架け替え工事をここ数年続けている。橋の下は堤防が低くなっていて、確かにこの間の大雨では浸水して歩道まで水があふれていた。あちこちにその形跡が見られるので、テレビ局はこの御園橋から…

大雨の後

ほぼ雨は止み、日常を取り戻した。しかし大雨がもたらした被害は時間が経つにつれ、明らかになってきた。あちこちで土砂崩れの影響を受け、家が倒壊したり、押し流されたりと、被害は予想以上に大きい。山間に立つ家などが、土砂崩れの影響を受けて、倒壊し…